サックス 記事画像

使える基礎練習法

THE SAX 62企画連動

サックスをはじめたばかりのビギナーはもちろん、中級者やハイアマチュア、いやいやプロ奏者にだって、基礎練習は欠かせないもの。しかし、どんな練習をどのようにするのが効果的なのか!? ハッキリした答えを見つけられないまま半信半疑でやっているという人も実は多いのではないか。そこで今回の特集では、いま最前線で活躍するトッププレイヤーたちが行なってきた、また現在も実践している基礎練習を教えてもらうことにした。

 

まずは、ソロ奏者としてはもちろん、トルヴェール・クヮルテットのメンバーとして、また東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターとしても大活躍する田中靖人に、クラシック/吹奏楽の分野を代表してインタビューに応えてもらった。この日は佼成ウインドの定期演奏会を翌日に控え、リハーサル終了後に取材場所に駆けつけてくれた氏であったが、そんな慌ただしい状況でも穏やかで剽軽ないつも通りの態度。自らの基礎練習法をまさに惜しみなく丁寧に伝授してくれた。そして誌面に掲載した譜例を実際に演奏している姿と音を収めたのが、以下の動画だ。譜例を見ながら実践すれば、効果バツグン、上達すること間違いなしだ!

 

 

そして、ジャズ/フュージョンのジャンルからは、天才の名を欲しいままにする、ハイパー・サックス奏者と言えばもちろんこの人、本田雅人に登場してもらった。田中靖人とは、実は国立音大時代の先輩後輩という旧知の仲。すでに取材が終わっていた後輩が語ったインタビュー内容を少し気にしつつ、自らもフランクに基礎練習法を公開してくれた。こちらも貴重な動画の収録に成功。天才肌らしく、一風変わったトレーニング方法も教えてくれているので、同じく誌面と以下の動画を照らし合わせて是非とも実践してほしい。

 

さらに海外プレイヤーにも基礎練習法についてインタビューを敢行。まずは世界屈指のテクニシャンとして知られ、教則本や教則DVDも多数発表しているエリック・マリエンサル。6年ぶりの再会となるサックス奏者/作編曲家の小林洋平を相手に、次々と独自のエクササイズを披露してくれた。その模様も以下の通りバッチリ動画収録! 誌面には小林が採譜してくれた譜例を掲載しているので、こちらも譜面と合わせて練習すればスキルアップ確実だ!

 

 

 

また、泣きの音色に定評があり、マルチリード奏者としても有名なネルソン・ランジェルにも小林洋平がインタビュー。来日公演の合間に行なったクリニックの模様とともに「THE SAX」読者だけに語った練習法を紹介している。

まだ、これだけでは終わらない。国内の若手から中堅で実力派と呼ばれる20人を編集部がピックアップし、基礎練習法についてのアンケートを実施した。豪華顔触れの売れっ子ばかりにも係らず予想以上に丁寧で詳しい回答が多数寄せられた。そのため残念ながら誌面への全部の掲載ができず、3つの設問に対する回答を割愛せざるを得なかった。これについては後日、本サイトで公開しよう。
第一線で活躍中の20名に訊く 基礎練習法
有村純親│池田 篤│上野耕平│大石将紀│太田 剣│勝田一樹│かわ島崇文│國末貞仁│近藤和彦│鈴木央紹│田端直美│浜崎 航│林田和之│平賀美樹│平野公崇│本間将人│三木俊雄│宮地スグル│山田 穣│吉田 治

特集の締めとして、田中靖人が基礎練習に役立つ楽曲として挙げてくれた『アルルの女』第二組曲 間奏曲と、アンケートに参加してくれたスムース・ジャズの国内第一人者、かわ島崇文のアレンジによるスティーヴィー・ワンダーの名曲『Isn't She Lovely』の楽譜を用意した。
あなたにとって使える基礎練習法が、この特集の中に必ずある!

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

田中靖人本田雅人エリック・マリエンサル │ネルソン・ランジェル




響きを増幅させる驚きのアイテム 小林香織×リーフレ

09.25.17

小林香織×リーフレック 噂のアイテム検証 第4回
後ろから追い風。自分が目指す音に
続きを読む>>

雲井雅人サックス四重奏団  なかのZEROに登場!

11.17.17

~ハーモニーの極限を追求するカルテット~


続きを読む>>

羽根渕道広 × 竹内郁人 〜THE SAX Clu

09.26.17

「ジョン・コルトレーン&チャーリー・パーカー8選」でフロントを務めた羽根渕道広と竹内郁人の両氏が、インタ
続きを読む>>


THE COMING EVENT

今後のサックスイベント

雲井雅人サックス四重奏団
クラシック

11/26
Sun. @なかのZERO
なかのZEROクラッシックシリーズVol.3 

>>もっとみる

ページトップへ

メニューリスト