THE FLUTEオンライン記事:運指・音程・発音の改善に役立つ 替え指のすべて
画像

運指・音程・発音の改善に役立つ 替え指のすべて

THE FLUTE 148号 Special Contents

THE FLUTE148号での特集に先立ち、THE FLUTE ONLINEでは替え指に関する読者アンケートを実施しました。結果は…

フルート替え指使っていますか?

現在、替え指を使っていますか?

フルート替え指使っていますか?

Yes…87%  No…13%

“No”の回答の中にも「使いたい場面は多々あるけれど、知らないので使えていない」「替え指を見つけることができたら、使います」といったものも見られました。

替え指が必要だなと思うのは、
どんな場面ですか?

» 音程が悪いときや、pp  ff で発音が難しい音の場合。
» 高音域を pp で伸ばすとき。高音のG♯はいつも替え指。
»  ff で音程が気になるとき。ピッコロを吹くとき。  ……ほか多数

pp  ff で伸ばすとき”という回答が大変多く見受けられました。また、高音域やピッコロでは音程が定まりにくく、その改善のために替え指を使っている、または必要性を感じているという人が多いようです。

もっと色々な替え指を知りたいと思いますか?

Yes…99%

…以上より、
替え指を必要としている
替え指に関する関心が高く、必要に応じて使い分けられるさまざまな替え指を知りたい
という人が圧倒的多数という結果が見えてきました。
特に今回はアンケートの回答数自体が多く、“替え指”に関する関心の高さや期待度が感じられる結果でもありました。

フルート&ピッコロとっておきの替え指

フルート&ピッコロ とっておきの替え指 ―特別編―

本誌148号には、8人のプロ奏者の方々(阿部麻耶さん、槇本吉雄さん、杉山 翼さん、立花雅和さん、野口博司さん、丸田悠太さん、山村有佳里さん、山元康生さん)がそっと教えてくれた『とっておきの替え指』運指表を掲載しました。フルートで使えるもの、ピッコロで使えるもの、両方で共通して使えるものなど、いずれもプロの演奏経験から生み出された貴重な情報であり、ここでしか知ることのできない永久保存版的な内容です。ぜひチェックしてくださいね。
ここでは特別バージョンとして、誌面には載っていない『とっておきの替え指』特別編を掲載します。

野口博司

レクチャー:野口博司先生

高校3年よりフルートを始める。東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。フルートを故小泉剛・故吉田雅夫両氏に師事。東京都交響楽団元首席フルート奏者。現在、上野学園大学音楽学部講師。香川県高松市立第一高校招聘講師、日本フルート協会理事

【替え指の目的】

1. 運指を楽にするため
2. 音程を修正するため
3. 発音をより良くするため

【替え指を使うことについて】

・フルートは音程が不安定( f や高音域では上ずりやすく、 p や低音域ではぶら下がりやすい)。特に“ p ”系統では苦労が絶えない。替え指によって救われるなら使いたい。
・主に“ p ”系統第3オクターブでのアンブシュアの負担を軽減したいときに使いたい。あくまでも自分のために開発したものであり、皆さんの楽器や奏法によっては当てはまらないかもしれません。

FLUTE 替え指

フルート替え指

① 小指は最低音Cの運指。 息のスピードが維持できないと5度下に落ちるのを防ぐ。

フルート替え指

② オーボエパートと合わせたいときに!
楽な運指は、第3オクターブでは完全5度下の指で、倍音でひっくり返す音で対応。

フルート替え指

③ ピッチのぶら下がりを防ぐ

Piccolo 替え指

フルート替え指

① ピッチが狂っているのは低いから!

フルート替え指

②  p で吹くときに。

フルート替え指

③ ピッコロの最低音Dの半音下を出しているとき(息も下向きに)。小指で出口を半分ふさぐ。

線

本誌148号の替え指特集に登場したプロ奏者・立花雅和さんが、今回の記事「とっておきの替え指」をyoutubeのレッスン講座で紹介!

線

THE FLUTE148号では読者の皆さんから寄せられたアンケートの中から、替え指に関する疑問や知りたい点などを多数ご紹介しています。
また、運指表とともに役立つプロ奏者の方々からのアドバイスも満載!ぜひ本誌のほうもあわせてお読みください♪

フルートグッズ
フルートコンサートガイド
レッスンマスターッシリーズ

画像

画像
画像