サックス記事 「Romance」角口圭都
THE SAX vol.105│Disc Review【CLASSIC】

「Romance」角口圭都

Polkadots Note

「Romance」角口圭都

【KT-0001】¥2,000(税込)
KT Music
[演奏] 角口圭都(Sax)、阿部大樹(Pf)
[収録曲]グラズノフ:《吟遊詩人の歌》、チャイコフスキー:「四季」より《舟歌(6月)》、ムソルグスキー:「展覧会の絵」より《古城》、ビゼー:「アルルの女」より《間奏曲》、プーランク:《シューベルトを讃えて》/《エディット・ピアフを讃えて》、ドゥメルスマン:《オリジナル主題によるファンタジー》、アルベニス:組曲「エスパーニャ」より《タンゴ》、ファリャ:「恋は魔術師」より《火祭りの踊り》、エルガー:ロマンス(ホ短調)、コーツ:サクソ・ラプソディ、角口圭都:パルス

 

本誌「クラシカルサックス レベルアップ講座」で好評連載中の角口圭都氏がニューアルバム「Romance」をリリースした。2枚目となる今作は、色彩感あふれる音色、幅広い音楽性が楽しめるアルバムとなっている。ドゥメルスマンやグラズノフなどクラシカルサックスにおいて欠かせない作曲家の作品のほか、ムソルグスキー、ビゼー、プーランクなどに加え、コーツの隠れた名作、さらにオリジナル作品『パルス』を含めた意欲作。共演の阿部大樹氏は、アンサンブルピアニストとして高い評価を得ており、このアルバムでも角口氏との緻密なアンサンブルが印象的。全編を通して、歌心を堪能でき、聴く者に心地よい清涼感を感じさせてくれる一枚。

 

登場するアーティスト
画像

角口圭都
Keito Kadoguchi

富山県出身。東京芸術大学、同大学大学院音楽研究科を卒業。サクソフォンを池上政人、冨岡和男、須川展也、平野公崇、大城正司の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。第9回北陸新人登竜門コンサート優秀賞受賞。第9回ルーマニア音楽コンクール第1位。「TOYSPARK」メンバー。「Dreamvivo Jazz Orchestra」主宰。
「piazzolla de saxophone quartet concert」等、様々なコンサート企画も行う。クラシック専門インターネットラジオ「OTTAVA」のOTTAVA Salone、OTTAVA Premio にてプレゼンターを務めている。2019年9月初ソロアルバム「Chau Paris」を発売。
(2020.05)

サックス