サックス 記事画像

第1回 ペンタトニックスケールの基本

JAZZ ADLIB IN&OUT -THE SAX35号掲載-

まずはペンタトニックとはどういうものか、説明をしていくことにしよう。
ペンタトニックとは日本語で「5音階」と訳される。
現代ではスケールはメイジャー・マイナーとも7つの音で構成されている(譜例1)が、この音階が成立する以前は、5音によるスケールが一般的だった。
これは一つの音から完全5度上がることを繰り返してできるものだ。 例えばCの音を基準にすると譜例2のようになる。

この音を1オクターブにまとめたものが譜例3であり、これが「Cメイジャー・ペンタトニック・スケール」と呼ばれるものだ。
そしてこのスケールを並び替えると譜例4のようになり、 これを「Aマイナー7th・ペンタトニック・スケール」と呼ぶ。

メイジャーでもマイナーでも理解しやすい方を用いれば良いが、ここではマイナーで統一して説明を進めていく。
尚、ペンタトニック・スケールで調性を判断することはできないため、開始音と終止音がスケールのトニック(主音)である必要はない。

 

<前へ      1   |   2   |   3      次へ>      
【関連キーワード・アーティスト】

大山日出男






THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト