サックス記事

第1回 ペンタトニックスケールの基本

JAZZ ADLIB IN&OUT -THE SAX35号掲載-

下記に「Aマイナー 7th・ペンタトニック・スケール」のパターンを示しておこう。
アルト、テナーほか、どの楽器でも同じことなので練習時に移調する必要はない。

譜例5-6

これらを全てのキーで練習するのだが、具体的な方法について大山氏は次のように書いている。

たくさん息を吸って、ひとつのパターンは一息で吹ききります。
速く吹く必要はまったくありません。速度を上げるよりも、
正確に滑らかにメロディが演奏されることが望まれます。
アドリブソロに使用するためには、完全に暗譜することも条件の一つです。

パターンを 全調で吹けるようになるには時間がかかるかもしれない。
しかしながら忍耐強く練習すれば必ずできるようになる。焦らずじっくりと取り組もう。

尚、 本誌では全調でのパターンの他、練習課題も掲載している。ぜひ活用していただきたい。

 

 


<THE SAX 35 JAZZ ADLIB IN&OUT より>

 

第2回 ペンタトニック・スケールの発展形 >

<前へ      1   |   2   |   3   
【関連キーワード・アーティスト】

大山日出男






THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト