画像

元N響の黄金コンビが伝授する"オトナの基礎練"

THE TRUMPET vol.4 | 特集3

人生100年時代。一つの仕事が終わっても、まだまだやりたいことばかり……という元気な定年組は多い。NHK交響楽団で一時代を築いた関山幸弘&佛坂咲千生のお二人は、まさにその典型だ。そんなお二人は異口同音に、定年を迎えてから練習方法に関して気づいたことがある、という……。

関山幸弘さんの場合
「できない」という壁をつくっているのは自分なんだ、と気づいた
Directed by Yukihiro Sekiyama

関山幸弘

現役を退いても、各地のオーケストラで一番を吹きまくっている関山幸弘さん。定年前後に始めたSNSでも、そのはじけっぷりと猛語録は有名だ。「うまくなりたいなら、どんなアマチュアでも毎日最低2時間は練習しなきゃ!」というのその持論ではその2時間で、どんなことをやったらいいのだろう?

気になる見出しをご紹介!

社会人になってからのほうがうまくなった元音大生の例
スタッカートには危険がともなう
ウォームアップ系のエチュードで現役時代よりうまくなった
「できない!」「苦手!」という壁をつくっているのは自分
「ブランデンブルグ」を練習素材に使用してみる

 
関山幸弘(せきやま・ゆきひろ)
青森県生まれ。武蔵野音楽大学卒業。1979年、モーリス・アンドレ国際音楽コンクール、アンサンブル部門で第3位入賞。1980年、第49回日本音楽コンクール管楽器部門第1位入賞。トランペットを中山冨士雄、トーマス・スティーブンス、ヴィンセント・チコヴィッツの各氏に師事。2003年度、NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』オープニングテーマのトランペット・ソロを担当。元NHK交響楽団首席トランペット奏者。武蔵野音楽大学、尚美学園大学非常勤講師

関山さんが展開している夏の合宿。今年は2019年8月22日から4日間、新潟の越後湯沢で予定されている。
問い合わせ先:関山音楽事務所 https://www.sekiyama-music-office.jp


佛坂咲千生さんの場合
やりたいことを自由にやるための「クラーク」練習法と大人の「オケスタ」
Directed by Sachio Hotokezaka

佛坂咲千生

N響トランペットの黄金時代を築いた関山&佛坂のコンビ。武蔵野音楽大学時代からはもちろん、N響に相前後して入団してからも、お二人は最高のコンビネーションでオーケストラのサウンドを牽引してきた。
関山さんを支えてきた佛坂さん。定年後は「J'z Craze(ジェイズ・クレイズ)」とともに、これまで誰も試みてこなかった「クラシカルなポップ」「ポップなクラシック」の世界に挑戦している。現役時代とは180度逆の世界で、自分を活かすことに成功した佛坂さん。やはり関山さん同様、定年してから基礎練習のやり方が変わってきた、という……。

気になる見出しをご紹介!

いても気付かれず、いなくなって初めて判る「二番吹き」の存在感
現役時代は「ダンプカー」定年後は「スポーツカー」……とはいわないまでも
クラークは「テクニカル・スタディ」だが、単に「テクニック=指の器用さ」を磨くだけの教則本ではない
この機会に、オケの「セカンド専用オーケストラ・スタディ」体験を!

 
佛坂咲千生(ほとけざか・さちお)
佐賀県生まれ。東京佼成ウインドオーケストラ、日本フィルハーモニー交響楽団を経て1990年NHK交響楽団入団。トランペットを小林高彦、戸部豊、福井功、アラン・カークス、チャンドラー・ゲッティングの各氏に師事。「ザ・トランペットコンサート」「カスタムブラスクインテット」「J'z Craze」などで多数のアルバムをリリース。洗足学園音楽大学教授。

 

THE TRUMPET #04本誌では、譜例などを用いて練習法をお伝えします!お楽しみに!

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

関山幸弘 | 佛坂咲千生





金管五重奏 MIYABI 雅 × リーフレック

06.29.20

管楽器の響きと音量を増幅させる2枚のプレートを組み合わせた、音響改善アイテム「リーフレック」。原朋直氏を


ロシアン・ブラス・ナイト!〜菊本和昭と仲間たちによ

02.19.20

NHK交響楽団首席トランペット奏者としての活躍でも知られるトッププレイヤー菊本和昭氏が、2020年2月の


しなやかにしたたかに台頭する 美しき女子トランペッ

05.02.20

近年のシーンを見渡すと、女性トランペッターたちの台頭が著しいことに気づく。そこで今回は、女子トランペッタ


ページトップへ