画像

Let's Enjoy! Clarinet Quartet

クラリネットアンサンブルSHAKE Presents

初レコーディングに潜入!

2020年9月10日発売のThe Clarinet vol.72より、2020年7月に結成されたクラリネットアンサンブル“SHAKE”(以下、SHAKE)の新連載「Let’s Enjoy Clarinet Quartet」がスタートしました。同コーナーは、 毎回SHAKEのメンバーが話題の曲や人気曲、スタンダード曲などをクラリネット四重奏にアレンジしていきます。記念すべき第1回では現在、劇場版も大ヒットし社会現象化している「鬼滅の刃」のテレビアニメ・オープニングテーマ『紅蓮華』(LiSA:歌)を、リーダーの吉田佐和子さんがアレンジしました。
本誌発売後の10月某日、リーダーの吉田佐和子さんをはじめ、若林愛さん、大川遥さん、三浦こと美さんの4人のメンバーが都内のスタジオに集まり初のレコーディングを行ないました。演奏曲はもちろん、本誌に掲載した『紅蓮華』! 

今回のレコーディングでは、低コストで高音質を実現した、PreSonusのStudio1824cという、実売価格6万円強のリーズナブルなオーディオインターフェイスをチョイス。マイクは、1stの吉田さんがMXL V67G、2ndの大川さんがaudio-technica AT2020、3rdの若林さんがRODE NT1000、バスクラの三浦さんがTASCAM TM50C(2本)と、各メンバーが所有しているものを持参したそうです。また、DAWは大人気のStudio One 5 Professionalを使用しているとのこと。
当日使用した機材に関する詳細は、藤本健の“DTMステーション”(https://www.dtmstation.com/)でご確認ください。

SHAKEが演奏する『紅蓮華』の動画は、SHAKEのYouTubeチャンネルで公開されています。4人の疾走感あふれる息の合った迫力ある演奏をぜひお聴きください。
今後もThe Clarinet本誌やアルソ出版が発行するアンサンブル曲集などと連動した音源をSHAKEのYouTubeチャンネルに順次アップしていく予定です。お楽しみに!

 

LiSA『紅蓮華』

レコーディング・オペレーター:多田彰文(Akifumi Tada)


■クラリネットアンサンブルSHAKE■
クラリネットを演奏する楽しさ、そして仲間と音楽を奏でる喜びを伝えることを目的に2020年7月に結成。メンバー全員がビュッフェ・クランポンの楽器を用いており、クラリネットアンサンブルのために作曲されたオリジナル作品だけでなく、ポップス・ジャズ・オリジナル曲などさまざまなジャンルの曲をレパートリーとしている。

■メンバー■
吉田佐和子(B♭clarinet)、若林愛(B♭clarinet)、大川遥(B♭clarinet)、三浦こと美(Bass clarinet)

■SHAKE各種アカウント■
・Instagram https://www.instagram.com/ensemble.shake
・Twitter https://twitter.com/ensemble_shake
・FaceBookページ https://www.facebook.com/ensembleshake/
・HP https://ensemble-shake.amebaownd.com/