画像
GEAR

ヤナギサワのリガチャー“Yany SIXS(ヤニー・シクス)”その風貌が醸し出すハイスペック感がクラリネット奏者の間で話題を呼んでいる。そこで、いま最も注目を集める奏者、亀居優斗氏に、そのポテンシャルを解明してもらった。本記事では、亀居優斗さんによるYany SIXSの試奏動画を公開中!

記事を読む>>
画像
GEAR

日本各地の楽器店でも販売されており、現在注目を集めているWi&Fi(ウィー・アンド・フィー)マウスピース。硫黄を使わず、水晶を使って硬化させた新素材V-Quarzを使用して作られているWi&Fiマウスピースのことを、日本総輸入元であるThe Clarinet Shopの仕田敬一店長に伺った。

記事を読む>>
画像
GEAR
2020年12月発売!

2020年12月に発売されたYCL-CSVRは、これまでのカスタムYCL-CSV(YCL-852IIV)の持つ基本性能に磨きをかけ(Refine)、多彩で自由な表現力を持つ楽器を目指したモデルです。今回は、このCSVRを試奏した3人のクラリネット奏者にコメントをいただきました。

記事を読む>>
画像
GEAR
ベルリンフィル首席のヴェンツェル・フックスが「アンビポリリード」の独占エンドース契約を締結

株式会社山野楽器が国内総代理店を務めるSilverstein Works現在ではリガチャーをはじめ、リードやマウスピースなど、様々な木管楽器アクセサリーを展開している。中でも人気急上昇中なのが新製品アンビポリリード。20209月にはベルリンフィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者ヴェンツェル・フックス氏と、アンビポリリードの独占エンドース契約を締結した

記事を読む>>
画像
GEAR
The Clarinet ONLINE SPECIAL

最近はベルの重量や長さ、リングの有無など様々なベルが発売されています。これらがどのように音や吹奏感に影響を与えるのか……、疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで! この記事では“知っているようで意外と知らないベルの基礎知識”を紹介します。ビュッフェ・クランポンで長く楽器の調整や設計などに携わり、現在は木管楽器の調整・修理専門工房「ル・べカール」を経営している日谷 晃さんにレクチャーをお願いしました。

記事を読む>>
画像
GEAR
The Clarinet vol.71

楽器に付けるだけで響きと音量を増幅させるアイテムとして、プロアマ問わず話題を呼んでいる『リーフレック』。その効果を確かめるべく、今回試奏をお願いしたのは、日本を代表するクラリネット奏者が名を連ねる「東京クラリネットアンサンブル」。

記事を読む>>
画像
GEAR
Yany SIXS

日本が世界に誇るサックス専門メーカー・柳澤管楽器が開発した最新リガチャー「Yany SIXS」。これまでにない画期的な構造で、昨年の発売以降、すぐさまプロ奏者のあいだでも話題となった製品だ。多彩なフィールドで活躍する若林愛さんも愛用者の一人で、その魅力について話を聞いた。

記事を読む>>
画像
GEAR
XE20/XE20SP

XE20 は、88鍵ナチュラル・タッチ鍵盤を持ち、2つのフル・コンサート・グランド・ピアノ音色を搭載する、新しいデジタル・ピアノだ。練習曲を弾くだけでなく、もっとピアノを楽しみたいあなたにぴったりな自動伴奏機能も備えている。

記事を読む>>
画像
GEAR
楽器周りの小物をすべて収納できる優秀なバッグが勢揃い!

楽器周辺小物の持ち運び方に困ったことはないだろうか?楽器ケースの中には入りきらないものをお気に入りのバッグに入れるとなるとバッグがボロボロになってしまいそうだし、普段使っているお手軽なトートバッグは衝撃があった時が不安だし少々持ちにくさを覚える。 そこで登場するのが、コルグのロゴを大胆にあしらったこちらのバッグ各種だ。

記事を読む>>
画像
GEAR
コルグ・シンクメトロノームがすごすぎた!

みなさんが普段使っているメトロノームはどんな形状をしていますか? カードタイプの薄型モデルだったり、振り子式の据え置き型モデル、リズムパターンを自在に作れるプロ使用の本格モデル等々、奏者の希望を叶える様々なメトロノームが存在します。 しかし、前述したタイプの他にも、プレイヤーの新しいニーズに応えるメトロノームが存在するのはご存知ですか…!?

記事を読む>>
画像
GEAR
鍵盤楽器を新しく学びたい人へのおすすめモデルをご紹介!

メインで演奏している楽器の他に、一台は持っておきたいデジタルピアノ。 本格的な演奏とまではいかなくとも、音程やハーモニー(=コード)感覚を掴むため、アンサンブルのバランスを学ぶため、もちろん純粋にピアノが上手くなりたい……など、鍵盤楽器の演奏を必須と考える管楽器奏者は多い。そんなデジタル・ピアノに不安を覚える人におすすめするのがコルグ・デジタルピアノのハイエンド・モデル『G1 Air』だ。

記事を読む>>
画像
GEAR
The clarinet vol.70

世界的に有名なクラリネット奏者が愛用し日本でも多くの愛用者がいる。この斬新なリガチャーをはじめとする管楽器アクセサリーの開発・製造を行なうSilverstein社CEOのB.K. Son氏が6月に来日、突撃取材を敢行した。

記事を読む>>
画像
GEAR
世界中で愛されるポケットモンスターとのコラボ商品が登場

広いテンポ範囲や豊富なビート/リズム・パターンといった基本性能が高いのはもちろんのこと、大きなディスプレイや聞き取りやすいビート音等、ユーザーにとって嬉しい工夫が施されているコルグのメトロノーム『MA-2』と、広い世代に愛されているポケットモンスターとのコラボモデルが今年の10月に数量限定で発売される。

記事を読む>>
画像
GEAR
The Clarinet ONLINE SPECIAL

そこで今回は、知っているようで意外と知らないバレルの基礎知識を紹介。レクチャーしてくれたのは、ビュッフェ・クランポンの技術者として、楽器の調整をはじめ設計などにも携わり、現在、木管楽器の調整、修理専門工房を経営している日谷晃さんにお願いした。

記事を読む>>
画像
GEAR
最大の機能が詰まったファーストピアノ『B2シリーズ』

ピアノ・ビギナーや管楽器奏者へコルグがお送りするデジタル・ピアノ「B2」。 生ピアノの音色にこだわりグランドピアノ等の多彩なサウンドが内蔵された本モデルは、10kgを切る軽さが特徴なものから、スタンドと3本ペダル・ユニットをセットにした本格的なものまで、様々なユーザーのニーズに応える3つのラインアップが存在。今回はそんな「B2」シリーズの特徴や、各モデルの詳細をすべてご紹介します。

記事を読む>>
画像
GEAR
KDM-3 で練習時間をもっと楽しく、豊かに

KDM-3 のフロント・パネルに木材を採用したウッド・フェイス・モデル。
第2弾はホワイトのボディに明るい乳白色の木肌が特徴のメープル材を使用しているとのこと。詳細はこちら

記事を読む>>
画像
GEAR
TM-60に新色登場!

TM-60 に、落ち着きのあるレッド・カラーが新たに加わりました。 シンプルな見た目に、高級感溢れるメタリックなボディーが美しく、大人な印象を受ける1台です。

記事を読む>>
画像
GEAR
Clarinet Headline News

クラリネット奏者の藤井一男氏が、新たなリードを誕生させた。「3.5」の重厚さと、「3.0」の吹き心地の良さを兼ね備え、バランスのいいリードに出会うまでの時間を短縮。練習時間をさらに確保できるという、クラ吹きの長年の夢を実現した新しいリードです。 その名も「Premium 3.25」について藤井氏が答えてくれました。

記事を読む>>
画像
GEAR
The Clarinet vol.69 雑誌&CD連動企画

THE Clarinet vol.69の付録CD企画として、ビュッフェ・クランポンのスチューデントモデルから、プロフェッショナルモデル3本を含む、計8本をクラリネット奏者の若林めぐみさんが試奏してくれました。ここでは若林さんがそれぞれの機種を吹いたコメントと試奏を合わせた、8機種の吹き比べ動画をご紹介します!

記事を読む>>
画像
GEAR
The Clarinet vol.69

マルチリードプレイヤーの山本拓夫氏によって2013年に結成され、2016年8月には1stアルバム「Halocline」をリリースした、木管六重奏「Halocline ハロクライン」。 今回はこのHaloclineでクラリネットを担当する山本拓夫、渡邊一毅、大下和人の3氏が、今注目のアメリカのクラリネットメーカー「GAO」のバスクラリネットを試奏チェック!

記事を読む>>
1   |   2   |   3      次へ>      



GEAR
EVENT
ARTIST
画像 画像 画像

Yany SIXS×亀居優斗【試奏動画あり】


2021-10-27

ヤナギサワのリガチャー“Yany SIXS(ヤニー・シクス)”その風貌が醸し出す
続きを読む>>

クラリネットアンサンブル「東京007」と「Revo


2021-10-26

日本を代表するクラリネット奏者の一人である藤井一男氏がプロデュースするクラリネットアンサンブル「東京00
続きを読む>>

おうち時間を充実させる クラ吹きのYouTubeチ


2021-09-10

未だ新型コロナウイルス感染症の収束の兆しが見えない現在、自宅にいる時間が長くなり、クラリネットを吹く時間
続きを読む>>