画像
ARTIST
The Clarinet vol.16より転載 (2005年1月20日発売)

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」はスタートしました。クラリネットをはじめたきっかけや、師匠田中保人さんとの出会い、音大入学、留学からプロになるまでの道のりを、ご本人の趣味やおしゃべりを交えながら軽やかな口調で語っています。全10回の連載をどうぞお楽しみください。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet ONLINE

クラリネット奏者の田中正敏氏が、5月26日に音源配信のみとなるアルバム「2020Stay Home Project-PRAYER-」をリリースした。コロナ禍によって活動が制限されている今、録音から音楽配信の申請までのすべてを自身で行なったという。そこで、新たに取り組んだニューアルバムについて話を訊いた。

記事を読む>>


画像
ARTIST
The Clarinet vol.15より転載 (2004年5月20日発売)

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」はスタートしました。クラリネットをはじめたきっかけや、師匠田中保人さんとの出会い、音大入学、留学からプロになるまでの道のりを、ご本人の趣味やおしゃべりを交えながら軽やかな口調で語っています。全10回の連載をどうぞお楽しみください。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.71

スペインを始めとするヨーロッパで活躍しているホセ=ルイス・エステレスさん。演奏活動のほか、マスタークラスなどで世界中を飛び回ることの多いエステレスさんは、指導にも定評のあるクラリネット奏者だ。2019年の来日時に、所属オーケストラのこと、指導のことなどをうかがった。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.71

高名なズービン・メータが首席指揮者を務め、世界的マエストロが度々客演することでも知られる、イタリアの「フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団」。そこで活躍するのが首席クラリネット奏者のリッカルド・クロチッラ氏だ。一方で氏はクレズマー音楽の奏者としても世界中にファンを持つ。ユニークな活動を続ける氏にじっくり話を聞いた

記事を読む>>

画像
ARTIST
with ペーター・シュミードル&フェルディナント・シュタイナー

ウィーン放送交響楽団首席クラリネット奏者のヨハネス・グライヒヴァイト氏は、マウスピースとバレルの接続に従来使用されているコルクではなく、交換可能なOリングを採用したマウスピースを開発。同氏の師匠であるクラリネット界の巨匠ペーター・シュミードル氏をはじめ、フェルディナント・シュタイナー氏なども愛用している。グライヒヴァイト氏が作り出すマウスピースの魅力を語ってもらった。

記事を読む>>

画像
ARTIST
音楽界に大きな影響を与えたアンサンブル 42年の歴史に有終の美を飾る

1978年に結成し、常に日本のクラリネットアンサンブルをリードしてきた東京クラリネットアンサンブルが、結成42年で活動を停止することを発表。この日が最後のコンサートとなった。結成以降、全国各地でのコンサートやNHK-FMへの出演を続ける一方、1988年からは「華麗なるクラリネット・アンサンブルの世界」のタイトルで11枚のアルバムを続々と発表。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.71

クラリネット吹きのみなさんは「憧れのプロ奏者と同じ音でクラリネットを吹いてみたい!」と、一度は思ったことがあるはず。 そこで今回はプロ奏者の使用楽器とセッティングを調査。 使っている理由や、そのプロ奏者が理想とする音色を持つプレイヤーについても訊いた。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.71

ピエール・ブーレーズ、エリオット・カーターなど現代音楽の有名な作曲家たちから深く信頼され、数々の作品を初演したことで知られるのがアラン・ダミアン氏だ。今もマスタークラスで世界中を回り、現代音楽の真髄を広めている。クラリネット界の新時代を築いたといわれるダミアン氏の幅広い活動を支えるのは、音楽に対する鋭い洞察力と、優れた作品を次の世代に受け継いでいくという強い思いだった。

記事を読む>>

画像
ARTIST
YAMAHA Special Interview _The Clarinet vol.71拡大版

2019年9月5日、ヤマハミュージック名古屋店にてマスタークラス&ミニコンサートを行なうために、北京・中央音楽学院で教授を務めるワン・タオ氏が来日した。この日は現在、名古屋音楽大学で准教授を務める橋本眞介氏も駆けつけ、日中トッププレイヤーによる対談が実現。中国・日本のクラリネット事情や、ヤマハ・クラリネットの魅力などクラリネット談義に花が咲いた。

記事を読む>>

画像
ARTIST
木村奈保子の音のまにまに|第18号

木村奈保子さんのOnline限定連載「音のまにまに」。今回は感染対策が急がれる新型コロナウイルスに関連して「感染列島」などを取り上げます。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.14より転載 (2004年1月20日発売)

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」はスタートしました。クラリネットをはじめたきっかけや、師匠田中保人さんとの出会い、音大入学、留学からプロになるまでの道のりを、ご本人の趣味やおしゃべりを交えながら軽やかな口調で語っています。全10回の連載をどうぞお楽しみください。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.13より転載 (2003年9月20日発売)

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」はスタートしました。クラリネットをはじめたきっかけや、師匠田中保人さんとの出会い、音大入学、留学からプロになるまでの道のりを、ご本人の趣味やおしゃべりを交えながら軽やかな口調で語っています。全10回の連載をどうぞお楽しみください。

記事を読む>>


画像
ARTIST
The Clarinet vol.33(2009年12月発売)

今回の名盤珍盤コーナーは2つのアルバムを紹介したいと思います。1枚は「モーツァルト」、もう一枚は「ジャカン家の人々」というアルバムです。この二つのアルバムはいずれも古いクラリネットで演奏されています。それぞれのアルバムを僕が聴いたきっかけからお話をはじめたいと思います。

記事を読む>>

画像
ARTIST
バスクラリネット奏者・八巻志帆のヨーロッパからの音便り

2018年11月にドイツ・ミュンヘンへ引越し、活動しているバスクラリネット奏者の八巻志帆さんの連載です。31歳での海外移住、そして人生初の留学だそうです。留学を考えている人のヒントになるような日々の便りを送ってもらいます。

記事を読む>>


画像
ARTIST
The Clarinet vol.70 Close Up

21歳の若さでベルリン・フィル首席奏者に就任してから9年。アンドレアス・オッテンザマー氏は、オーケストラのスター奏者としてだけでなく室内楽プレイヤーとしても活躍し、世界中の名手と共演の幅を広げている。そのアンドレアス氏がこのほど待望のニューアルバムを今年3月に発表。慣れ親しんだオーケストラのソリストとしての演奏と、室内楽奏者としてのピアノとのデュオが楽しめる興味深いアルバムだ。来日したオッテンザマー氏が語るアルバムへの思いとは。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.70 Close Up

スタジオワークやライブ、さらにはアレンジャーやサウンドプロデューサーなどの顔もあり、マルチに活躍している山本拓夫氏が率いる木管六重奏ハロクラインが、10月12日に待望の2ndアルバム「GLOBE-TROT」をリリースする。
そこで、メンバー6人にハロクラインのこと、そしてニューアルバムのことを訊いた。

記事を読む>>

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>      



GEAR
EVENT
ARTIST
画像 画像 画像

東京クラリネットアンサンブル×リーフレック クラリ


03.13.20

楽器に付けるだけで響きと音量を増幅させるアイテムとして、プロアマ問わず話題を呼んでいる『リーフレック』。
続きを読む>>

「サンハートアンサンブルオーディション」参加者募集


07.24.20

続きを読む>>

第10回 |赤坂達三のクラリネット吹きができるまで


06.16.20

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」は
続きを読む>>