クラリネット記事
BUFFET CRAMPON

ビュッフェ・クランポン BCXXI × ポール・メイエ

2021年11月12日に世界同時配信による新製品発表会が行なわれ、その後クラリネット界の話題を独占したビュッフェ・クランポンの新機種【BCXXI】(BC21)。日本では2022年の販売を予定しており、ビュッフェ・クランポンのB♭管クラリネットの中では最上位レベルの機種に位置づけられています。研究開発チームが長年夢見てきた21世紀の新たな進化、あらゆる限界を超える次世代のクラリネットです。
今回はテスターを務める演奏家の一人であり、世界的なクラリネット奏者でもあるポール・メイエ氏にBCXXIの開発にどのように携わったのか、そしてこの楽器の魅力を語っていただきました。

取材協力:株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン
通訳:檀野直子、取材・文:大川遥(クラリネット奏者)

素晴らしい楽器になる

今回の新製品“BCXXI”の開発にテスターとしてはもちろんですが、他に携わった工程などはありますか?
ポール・メイエ
(以下P)
私たち演奏家は楽器の開発に貢献するべきだと常々思っています。私自身、これまでにビュッフェ・クランポンのディヴィンヌ(Divine)、レジェンド(Légende)、トラディション(Tradition)の開発に携わってきました。
ビュッフェ・クランポンでは、楽器はもちろん、クラリネットに関連した製品に関しては日頃から大小に関わらず様々な研究をしています。どうしたら楽器が良くなるのか、なぜこれはできないのかなどを常に考えています。内径(ボア)のサイズ、指穴の位置や大きさ、キーの形など少しの違いで楽器はまったく違うものに変わってくるのです。楽器を長くしたり短くしたり、一つの音孔の上げ下げでも違いが生まれます。
楽器開発の工程としては、技術者が作った試作品を、テスターの私たちが試奏し、ここが良くない、ここを変更できないか、など指摘していきます。そして、楽器作りにおいて知識が豊富な技術者の方たちが、これはできる、これは不可能だ、ということを教えてくれます。
このように、開発では私たちが意見をして試作品を何度も作り直していきますが、私はこうしたら好きだけど他の人は好きじゃなかったりもするので別の奏者にも吹いてもらって意見を聞きます。また、他の開発者とも意見交換をしていきます。
楽器の開発では、すべてにおいて良いバランスを見つけなければいけません。それはとても複雑なことです。そのため完成までに最低でも4年はかかります。
とにかく一人でできることではなくチームで作っていくものです。たくさんの経験が必要なので、多くの人が関わっていて、その経験が集まって完成します。BCXXIもこのような工程を経て完成しました。
楽器作りは靴作りと同じですね。みんなが履きやすいものでないといけません。たった一人のために作るわけではないと思います。スタイルが違ったり、足が痛い人や歩き方が違う人もいます。みんなに合うものを見つける必要があるのです。
BCXXIの最初の試作品を吹いた時の第一印象は?
P
ビュッフェ・クランポンには素晴らしい技術があるので、最初からある程度良い状態の楽器に仕上げられていました。吹いた瞬間から素晴らしい楽器になるという感触はありました。1回目の試作品では最低音がE♭になることが開発の段階で決まっていたので、私たちの希望も含めて盛り込まれていました。
しかし、そこからたくさんの変更を行ないました。その細かい積み重ねが大切なのです。
具体的にどんな意見、アドバイスをしましたか?
P
この音は高すぎる、低すぎるなどの意見を出しました。音程に関していえば、人それぞれ吹き方が違うので複雑です。マウスピースによっても変わってきますし、意見をするのは難しいところでした。これらの意見によってどこに穴を開けて、楽器の長さをどうするか、そして内径の太さを調整していきます。さらに音孔を大きくしてみたり、少しずらしてみたりしましたが、うまくいくこともあればいかないことももちろんありました。
完成品を吹いた時、最初の試作品と比べてどのように変わっていましたか?
P
たくさんの変更を行ない、その変更点はもちろん改善されていました。完成品を吹いた時は「これで演奏ができる!」と素直に感じました。
ポールさんが楽器に求める点で重要視していた部分はありますか?
P
まず音色・イントネーション・音程・吹き心地が良いことなど、すべてがしっかりと機能していることです。私たちは楽器を使って自分を表現していきます。ですから、使用する楽器で可能な限り自分の表現ができる、ということが大切です。
例えば、音色が良くても音程が悪かったらダメですし、音程が良くても吹きづらくては自分の表現ができるとは言えません。
 
通常のB♭クラリネットよりも下管が長くなり、ベルが短くなった
 

最低音のE♭が加わった

ビュッフェ・クランポンのプロモデルではR13系(トスカ、フェスティヴァル)、RC系(ディヴィンヌ、プレスティージュ)、トラディション系(レジェンド)と内径の違う3つの系統を展開していますが、このBCXXIはどこかに所属するモデルなのでしょうか?
P
どこにも属さない、様々な新しいアイデアが詰まっているまったく新しいモデルです。
内径はもちろんですが、下管だけを見てもディヴィンヌより長くなっています。
ポールさんが愛用されているディヴィンヌと比べて、BCXXIはどんな違いがありますか?
P
まったく違う楽器だから比べられません(笑)。ただ、BCXXIの音程はとても安定しているし吹き心地のいい楽器です。あとは個人の好みだと思います。
甘いお菓子が好きな人もいれば甘すぎないほうがいい人もいます。甘いのが苦手な方もいますよね。わかっていただきたいのは、新しい楽器は自分を表現する新しい道具であるということです。ビュッフェ・クランポンのキャパシティというのは素晴らしく、これまでのノウハウ、品質、経験でまったく違う楽器を完成させました。
「私はこれが好き」「私はこうしたい」「私にはこんな必要がある」「最低音E♭が出せる」というクラリネット奏者の様々なニーズに対応し、音楽家を支えています。
ディヴィンヌのどんなところが気に入っているのかも教えてください。
P
私はディヴィンヌがお気に入りですが、RCもGALAもモパネも吹きます。
ただ、ディヴィンヌはすべてにおいて自分を表現できる楽器だと思っています。ディヴィンヌが発売されてから10年が経ちました。いろいろな人に使われて一定の評価を得ています。モパネのディヴィンヌも演奏しますが、まったく違うものでどちらも演奏するのが好きです。こういった感覚がすべて、新しい可能性につながっていきます。トスカももちろん好きですが、それは個人的な好みになりますね。
こちらも靴で例えましょう。朝スポーツをして、そのあと公園に行きます。そして夕方会社の会議に出て、夜は友人の結婚式のディナーへ向かうとします。1日で様々な予定があるのにもかかわらず、靴は1足しか持っていけないとなった時に、どっち寄りのものを選ぶのか迷いますよね(笑)。
「自分の足にあった靴を見つける」というフランス語のことわざがあります。素敵な靴でも小さすぎたら履きませんし、僕がハイヒールを履いたら悪夢ですよね(笑)。
楽器を選ぶ際にいろいろな決め手がありますが、その中に耳があると思います。人それぞれ違う耳を持っています。あと教育もです。どのような楽器でクラリネットを始めるのかということは、その後の楽器選びに大きく関係してきます。だから、自分に適した楽器を探すことが大切です。
今回、最上位レベルの機種として作られたBCXXIですが、どんなプレイヤーに使ってほしいですか?
P
YouTubeで公開された発表会の動画を見るとわかるかと思いますが、世界中のたくさんのクラリネット奏者が興味を持っていましたね。このBCXXIは多くの奏者が気に入ってくれる楽器だと感じていますし、もちろんアマチュアの方もそう思うのではないかと思います。
しかし、新しいものだけが良くて、既存のものや古い楽器は良くないとはもちろん思わないでください。音色が好きだったり、吹き心地がいいなと感じたものを使ってほしいです。
 
 
BCXXIではキーポストをピンクゴールドにしています。これによりシルバーのキーポストと比べてどのように変化しているのでしょうか?
P
テストを繰り返していく中で、キーやキーポストを金メッキにすると楽器の鳴りが良くなることに気がつきました。そしてある時、宝石職人の方が「金は熱伝導率が良く、振動を伝えやすい」といっていました。ですから、BCXXIの豊かな響きはこのピンクゴールドも大いに関係していると思います。
他にも目に見える特徴として最低音のE♭が加わったこと、そして左手薬指のトーンホール(Dホール)が他と同じ高さになりました。それぞれは演奏にどんな効果をもたらしますか?
P
Eを吹いた時にベルからではなく、新たな音孔であるE♭の穴から音が出ます。それにより音程や響きが大きく改善されています。また、E♭の音が出せることも大きいですが、オクターブのB♭もこの音孔が加わったことで新たな指使いで出せるようになりました。
B♭は音色も違うので、状況や好みに応じて新しい選択ができるようになります。
この第3の運指(E♭)ができたことで、例えばバルトークの『コントラスツ』では急いで持ち替える必要がなくなるでしょう。
そして薬指のトーンホールの高さを揃えたことで、新しい運指の可能性や高音域のアシストにつながってきます。
最後にBCXXIの魅力をお願いします。
P
BCXXIは今までのどの系統にも属さない新しい可能性を秘めた楽器です。楽器は一見すると似ていますが、吹いてみるとそれぞれまったく違う特徴があります。オーケストラ奏者として見ても、A管に持ち替えるよりそのまま吹けたほうがいい時も出てきます。
洋服や靴を選ぶように、楽器も好みに合わせて選んでほしいと思っています。ハイヒールでは富士山は登れないし、タキシードはとてもいい服だけど朝8時から着るものじゃないですよね。
作品を演奏する時、ゆっくり奏でるシーン、テクニカルで華やかなシーン、高音が続いたり、強く強調して演奏したりと、いろいろな表情が出てきますが、すべてに適応できる楽器が完成しました。
BCXXIを試奏した人は、新しい音色のアイデアが生まれたり、高音の運指も探すことができたり、今までとは違うテクニックを見つけることができます。新しいバランスの楽器で今まで見えてこなかったことが見えてきます。クラリネット奏者をいろんな面で助けてくれることでしょう。
強く申し上げたいことは、BCXXIの開発はチームでの仕事です。長年培われてきたビュッフェ・クランポン社の知識と能力、そして、すべての従業員やテスター、関わった皆で出した結果なのです。
ありがとうございました。
 
ポール・メイエさんとともに。檀野直子さん(左)、大川遥さん(右)
 

 

BUFFET CRAMPON BCXXI

[調子]B♭
[︎ピッチ]440/442Hz
[管体]アフリカ産最上質グレナディラ材使用、上管の一部のトーンホールに“グリーンライン”を採用、カーボンファイバー製接合部リング、バレル2本(64mmおよび65mm)
[︎キー]ベームシステム、19キー、6リング、調節可能指かけ、低音Es/B♭キー、銀めっきキー、キーポストおよび接合部リングはピンクゴールドめっき、洋銀製、冷間鍛造、手工仕上げ、“BCXXI”専用キーデザイン、金属ピトン、精密特殊加工スチール針ばねおよび板ばね
[︎付属品]“BCXXI”専用HITECHケース、〈HB〉ピンクゴールドリガチャー(銀めっきネジ)、〈BC〉マウスピースキャップ、スワブ

 

Paul Meyer ポール・メイエ
名実共に世界のトップに立つクラリネット奏者。1965年アルザス生まれ。13歳でソリストとしてデビュー。パリ高等音楽院とバーゼル音楽院で学ぶ。フランス国内外のコンクールで優勝後、84年NYデビュー。ベニー・グッドマンに出会い親交を結ぶ。以来世界有数のソロ・クラリネット奏者として活躍。協奏曲のレパートリーは約100曲もの数にのぼり、完璧な技術とすば抜けた音楽性、品のある豊かな音色を併せ持つ天才クラリネット奏者として、ベリオ、ペンデレツキを始めとする数多くの作曲家達から曲を捧げられ、初演も多い。室内楽でも活発な活動を行なっており、クレーメル、ヨーヨー・マ、デセイ、ピリス、ロストロポーヴィチ、スターン、バシュメット、パユ等世界一流のソリスト達、及び、エマーソン、ハーゲン、東京クヮルテット等の弦楽四重奏団とも共演。パユやオーボエのフランソワ・ルルー等、現代最高のフランスの木管奏者達とアンサンブル、「レ・ヴァン・フランセ」を結成し、絶賛されている。デンオン、CBS、エラート、BMGファンハウス他多数のレーベルでCDが発売され、その中にはギドン・クレーメルとのピラソラ(ECM/ノンサッチ)、プーランクの室内楽(BMG)、チョン・ミョンフン、ギル・シャハム、ジャン・ワンとのメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」(ドイツ・グラモフォン)、ピアノのエリック・ル・サージュと録音したライネッケ、メンデルスゾーン、ヴェーバー(デンオン)及びブラームスのクラリネット・ソナタ(BMG)等がある。著名なクラリネット奏者として活躍する一方、指揮者としてのキャリアも急速に築きつつある。これまでに、フランス国立放送フィルを始めとするヨーロッパ各地の主要オーケストラ、台北交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等を指揮。ルイサダのモーツァルト及びハイドンの2枚のCDのほか、ミヨーの協奏曲集のCDでも指揮者を務めている。ソウル・フィルハーモニー交響楽団の准首席指揮者、2010年~2012年東京佼成ウインドオーケストラの首席指揮者を経て、2018年よりマンハイム室内管弦楽団の首席指揮者を務める。
[使用楽器:〈ビュッフェ・クランポン〉“ディヴィンヌ”]