画像

私たちと⾳楽を。

〜クラリネットとピアノによるデュオリサイタル〜

クラリネット奏者の川崎愛さんが代表を務める「私たちと⾳楽を。運営事務局」では、2020年9⽉6⽇(⽇)に江東区江東公会堂ティアラこうとう⼩ホールにて、室内楽コンサートシリーズ「私たちと⾳楽を。〜クラリネットとピアノによるデュオリサイタル〜」を開催します。
この「私たちと⾳楽を。」は、クラリネット奏者の川崎愛が気鋭の若⼿⼥性クラシック演奏家を毎回ゲストに招き、クラシックやイージー・リスニングといった⾳楽を、室内楽形式でお届けするコンサートシリーズです。
クラシック好きの⽅から、クラシック曲を聞くのが初めてという⽅まで楽しんでいただけるプログラムとなっています。
第⼀回⽬は新進気鋭のピアニスト野原舞花をゲストに招き、ブラームスのクラリネットソナタなどのクラシック曲の他、ピアソラの名曲リベルタンゴやニュー・シネマ・パラダイスよりメドレーといった、タンゴや映画⾳楽なども演奏されます。
コロナ禍において失業状態となっている若⼿クラシック演奏家への⼀助ともなるべく、ゲストの数も徐々に増やしていく他、今後はストリーミングサービスも活⽤していくとのこと。今後どんな展開を見せてくれるのか、「私たちと⾳楽を。」の活動が楽しみです。

 

私たちと⾳楽を。〜クラリネットとピアノによるデュオリサイタル〜

川崎愛

[日時]9月6 ⽇ (⽇) 開演19:30
[会場]江東区江東公会堂ティアラこうとう⼩ホール
[出演]川崎愛(Cl)、野原舞花(Pf)
[曲目]ブラームス:クラリネットソナタ第2番、映画音楽(ニューシネマパラダイス)他
[料金]大人¥3,500、学生以下¥2,500
[問合せ]私たちと音楽を。運営事務局 川崎愛 090-1390-8081

 

川崎 愛(Cl)│アイ カワサキ
1992年石川県生まれ。12歳よりクラリネットを始める。東京音楽大学音楽専攻クラリネット科を卒業。これまでクラリネットを遠藤文江、三界秀実、室内楽を四戸世紀、宮本文昭各氏に師事。金沢市音楽コンクール中学校の部 優勝。全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト石川県代表として出場。 KOBE国際音楽コンクール本選出場。ラフォルジュルネ・オ・ジャポンに2度出演。大学卒業後、広告業界へ進んだ経験から、コンサートの企画やディレクション、フライヤーやサイトデザインなども自身で手がける。現在はフリーランスのプランナーと兼業で演奏家としての活動を行なう。東京、石川県を中心に、吹奏楽、パーティー、レストラン、老人ホーム、保育園などで演奏を行なうほか、地元石川県のアーティスト・クリエイターによるアートイベント come home Kanazawa PROJECTを主宰。企画全体のディレクションと演奏者として出演をしている。
公式Web Site: https://aikawasaki.studio.design

野原 舞花(Pf)│のはら まいか
4歳からピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域(伴奏)を修了。短期留学奨学生として英国ギルドホール音楽演劇学校に留学。留学中ローナン・オホラ、パメラ・リディアード、小川典子の各氏に師事。ピティナピアノコンペティションF級部門入選。ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール特別賞受賞。学内オーディションによる室内楽演奏会に出演。成績優秀者によるピアノ科卒業演奏会に出演。エリック・タバスティエルナ、エドヮルド・デルガード両氏のマスタークラス受講。室内楽をはじめ、声楽や弦・管楽器の伴奏ピアニストとして活躍。イベント・パーティーでの演奏や五つ星ホテルのラウンジ演奏も行う。これまでにピアノソロを武田真理、海老原直美、武田宏子、平田康子に、伴奏法を土田英介、水谷真理子、広瀬宣行、山田武彦に、室内楽を浦川宜也、門脇大樹の各氏に師事。