クラリネット記事詳細:亀井良信が愛用する ブルズアイリガチャーの実力 | The Clarinet vol.68│ON The Clarinet
画像

亀井良信が愛用する ブルズアイリガチャーの実力

The Clarinet vol.68

ソリスト、アンサンブル、オーケストラから後進の指導まで、幅広いフィールドで世界的に活躍する亀井良信氏。そんな氏が一奏して衝撃を受け、その後も使い続けているリガチャー、それがブルズアイリガチャーだ。その魅力について、本人に直接話を聞いた。取材協力:桐朋学園大学

楽に吹けてコントロールしやすい。つまり、イメージ通りの音が出せる

─亀井さんとブルズアイリガチャーの出会いは?

亀井:実はブルズアイリガチャーを知ったのは半年ほど前の話なんです。読響の芳賀(史徳)君とオケで一緒になったときに、彼がブルズアイリガチャーの銀製モデルを使用していて、そこで初めて存在を知りました。その後楽器店でたまたま置いてあった「ルージュHOT」を試奏したときに、音色がまろやかで吹きやすく、すごく良かったんですよ。そのお店には試した1点しかなかったので、すぐに製作者である小山さんに電話をして、工房にお邪魔して色々と試させてもらいました。

オケも室内楽もソロも、すべてこのリガチャーで臨みます

─そこで現在お使いの「ルージュEX」に出会ったのですね。

亀井:そうです。この「ルージュEX」を試したら、「ルージュHOT」に比べて吹奏感に抵抗はあるけれども、狭く響かない空間で吹いても楽に吹けることに驚きました。ノイズが鳴りにくく、音がまとめやすい。 細かい動きをするパッセージでも、息が効率よく入る感覚があり小回りも利く。イメージした音、響きが得やすい感じがしました。 オケ、室内楽、ソロもここ最近の本番はすべてこれで吹いています。先日現代曲をこのリガチャーで吹いたのですが、音量がしっかり出せるし、それでいて小さい音の音色の変化がとてもつけやすく、本当にオールマイティーに活躍してくれるリガチャーだと感じました。 また、これは小山さんから違いがあるらしいと聞いて面白いと思ったのですが、ネジの先端に埋め込まれているスワロフスキーの色によってなぜか吹奏感に違いがあるんですよ。嘘だと思うでしょうけど、真意はぜひ試して確かめてみてください(笑)。

その人に合った音の変化を楽しめる新モデル

─新製品の「ブルズEXセレクト」もすでにお持ちだと伺いました。

亀井:これも良いですよ。いまメインで使っている「ルージュEX」と比べてさらに重厚感が増し、違った魅力を感じたので試したその場で購入しました。バランサー(センター部分のウェイト)を付け替えると確実に音に変化が出ますが、その人好みに合わせられるので良いですね。

─それぞれのリガチャーでタイプが異なりますが、どのような人におすすめですか?

亀井:重厚感と抵抗感を求める人は「ブルズEXセレクト」が良いかもしれません。「ルージュEX」はどんな人、場面でも馴染む万能タイプ。初心者の人は抵抗感なく軽やかに吹ける「ルージュHOT」が良いでしょう。

 

ブルズEXセレクト
ブルズEXセレクト

ブルズEXセレクト
30,000円(税抜)
人気の「ブルズEX」が進化したモデル。925シルバー素材を採用。リードの厚さを選ばず重厚な鳴りと、深い響きを生み出す。

 
ルージュEX(スターリングシルバー)
ルージュEX(スターリングシルバー)

ルージュEX(スターリングシルバー)
23,000円(税抜)
亀井氏が現在メインで使う、銀製のリガチャー。こちらもスワロフスキーが埋め込まれたネジを採用。

 
ルージュHOT
ルージュHOT

ルージュHOT
8,000円(税抜)
亀井氏がブルズアイリガチャーを初めて吹いて衝撃を受けたのがこのモデル。軽量で心地良い吹奏感が魅力。

 

製品に関するお問い合わせ

ブルズアイエンタープライズ
TEL/FAX:049-263-8955
HP:bullseyeenterprise.com

ブルズアイリガチャーはアルソオンラインでも好評取扱い中!







■関連キーワード・アーティスト:

亀井良信



画像
画像

画像
画像