画像

第1回 | 「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」

kokoro-Neがお届けする〜フルートで彩る フィギュアスケートの世界〜

​皆さま、はじめまして! 2本のフルートとピアノのトリオ【kokoro-Ne(ココロネ)】です。 2007年の結成以来、アレンジとオリジナル曲を中心に演奏活動してきました。世に知られることもあまりなく、ひっそりと迎える13年目。この度、これまでコツコツと増やしてきたレパートリーの中からフィギュアスケートの使用曲にスポットを当てた連載を書かせていただくことになりました。

なぜフィギュアスケートに魅せられるの!?

なぜ、私たちはこんなにもフィギュアスケートに魅せられるのでしょう。フィギュア…それは3〜4分という短い時間に込められた選手それぞれのドラマ。その表現力の背景にある高いスケーティング技術、スケーターそれぞれの個性溢れる振り付け。それらが音楽と融合し、楽曲の魅力が最大限に引き出された時、私たちの心は動かされるのだと思います。同じように練習を積んで試験やコンクール、コンサートを迎えてきたという点でも共感し、熱くなれるのかもしれません。そんな私たちなりの楽曲の解説、スケーターやプログラムに対する思い出、演奏のポイントなどを交えながら、名曲を演奏家の目線でご紹介していく予定です。

まずは、私たちの簡単な自己紹介をさせていただきます。

kokoro-Neメンバー×フィギュアスケート

門井のぞみ
【好きなスケーター​】高橋大輔、鈴木明子
【印象に残った演技​】2014年 グランプリファイナルFS エリザヴェータ・トゥクタミシェワ 「バットワニス・ビーク/サンドストーム」

正直、それまではトゥクタミシェワさんのことよく知らなかったんですが、あのエキゾチックな雰囲気とプログラムがドンピシャで引き込まれました。そしてなんと言っても動きのしなやかさと、ジャンプのキレ味。後半のステップでの音楽との混ざり方が忘れられません。この時のSP「ボレロ」も素晴らしかった!

 

大和田真由
【好きなスケーター​】ジェイソン・ブラウン、パパダキス&シゼロン
【印象に残った演技​】うーん、いっぱいあり過ぎて。

2005年全日本選手権 村主章枝FS「ピアノ協奏曲第2番」ラフマニノフ。トリノ出場がかかった気迫、本人が音楽を奏でているような表現力と超高速スピンは今でも忘れられません。2017年世界選手権 カッペリーニ&ラノッテFD「チャップリンメドレー」チャーリー・チャップリン。コミカルな演技をしながらも、きちんと要素をこなしていて、素敵な絵本を1冊読んだような気持ちになりました。

 

田仲なつき
【好きなスケーター​】浅田真央、高橋大輔
【印象に残った演技​】2014年ソチオリンピック 浅田真央 FS「ピアノ協奏曲第2番」ラフマニノフ

やっぱりこれは外せない!伝説の名演技だと思います。音が鳴り出す前の、観客まで息をのむ静けさと緊張感、覚悟を決めた真央ちゃんの凛とした佇まいだけで号泣していました。あんなに手に汗握って見た演技はないです。一生忘れません!

 


さぁ、それでは参りましょう。第1回は、映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」です。どうぞお楽しみください。

1   |   2      次へ>      
■関連キーワード・アーティスト:

kokoro-Ne


カバーストーリー
フルートグッズ
フルートコンサートガイド
70年代洋楽

画像
画像

画像