サックスオンライン_サックス奏者ガイド|渡辺貞夫|Sadao Watanabe渡辺貞夫│Sadao Watanabe

渡辺貞夫 |
Sadao Watanabe

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1933年宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドへ参加。1961年初リーダー・アルバム「渡辺貞夫」を発表。1962年ボストン・バークリー音楽大学へ留学。帰国後精力的な演奏活動を開始すると共に、日本のミュージシャンにジャズ理論を伝授。モントルーやニューポートのジャズフェスティバルにも参加。78年には『カリフォルニア・シャワー』が大ヒット。1980年には武道館公演を行ない3万人を集客。海外での活動も精力的に行ない、世界中に認識されることとなる。95年からは栃木の中学生達にブラジルの打楽器を使用してリズム教育を指導。05年愛知万博で政府出展事業の総合監督を務め、文化・国境を越えた世界の子ども達400人が集う「リズム、歌、踊りの祭典」をプロデュース。海外の舞台での子供たちとの共演が07年の「ジャワ・ジャズ・フェスティバル」で実現。2008年サラゴサ国際博覧会での日本政府出展事業「渡辺貞夫と世界の子どもたち」Share The World コンサートでも世界の子供たちと共演。2009年9月70作目となるアルバム『イントゥ・トゥモロー』をリリース。



INSTRUMENT 使用楽器
ALTO
セルマー シリーズⅢ スターリングシルバー
MOUTHPIECE
メイヤー 5M
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル 2_
CASE
COLUMN 掲載記事
画像

渡辺貞夫 世界の最高峰と組んだ今夏のブルーノート公...

11.25.19


画像

ジャズ界の巨人2人の交流と人生から戦後の日本ジャズ...

10.14.19


画像

「Days of Delight Compilat...

01.23.19


画像

渡辺貞夫 クリスマス・ツアー&CD「リバップ・ザ・...

12.04.18


LIVE INFO スケジュール
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

第39回サクソフォーンフェスティバル開催決定!

01.22.20

毎年、春の訪れを聞く頃に開催される日本サクソフォーン協会主催による「サクソフォーンフェスティバル」。20
続きを読む>>

留学のすすめ フランス編 part1

12.27.19

「留学のススメ」では、全員が海外留学の経験を持つ若手音楽家集団「インペトゥス・サクソフォン・アンサンブル
続きを読む>>


メニューリスト