サックスオンライン_サックス奏者ガイド|渡辺貞夫|Sadao Watanabe渡辺貞夫│Sadao Watanabe

渡辺貞夫 |
Sadao Watanabe

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1933年2月1日栃木県宇都宮市生まれ。チャーリー・パーカーに憧れ、1951年に上京してプロとしての活動を始め、1953年に秋吉敏子(Pf)のグループに参加して注目を集める。1961年に初リーダー作「渡辺貞夫』をリリース後、バークリー音楽院に留学。その後チコ・ハミルトン(Ds)やゲイリー・マクファーランド(Vib)などのグループに参加し、ブラジル音楽などにも触れて自身の音楽性を確立していった。1965年に帰国。1966年に「ジャズ&ボッサ」をリリースして日本にボサノヴァ・ブームを巻き起こした。1970年代から海外にも進出し、1970年代後半からはフュージョン的なサウンドにもアプローチ。1978年の「カリフォルニア・シャワー」は大ヒットを記録した。1983年に全米でもリリースされた「フィル・アップ・ザ・ナイト」は“ラジオ&レコード”誌のジャズ・チャートで1位を記録。その後も日本最高のアルトサックス奏者として精力的な活動を続けている。

COLUMN 掲載記事
画像

渡辺貞夫 世界の最高峰と組んだ今夏のブルーノート公...

11.25.19


画像

ジャズ界の巨人2人の交流と人生から戦後の日本ジャズ...

10.14.19


画像

「Days of Delight Compilat...

01.23.19


画像

渡辺貞夫 クリスマス・ツアー&CD「リバップ・ザ・...

12.04.18


INSTRUMENT 使用楽器
ALTO
セルマー シリーズⅢ スターリングシルバー,
MOUTHPIECE
メイヤー 5M,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル 2_,
CASE

メニューリスト