「シューマン」Taewook Ahn

THE SAX vol.107│Disc Review【CLASSIC】
シューマン

「シューマン」Taewook Ahn

Spotify、AppleMusic、Amazonミュージックなどで配信
[演奏]Taewook Ahn(Sax)、梅村知世(Pf)
[収録曲]シューマン:アダージョとアレグロ As-Dur/幻想小曲集 作品73/Drei Romanzen 作品94/Seches Studien in kanonischer Form 作品56

 

Taewook Ahn(安泰旭)は、相愛大学音楽学部を首席で卒業後、リヨン国立地方音楽院を最優秀、ブリュッセル王立音楽院修士課程、ウィーン国立音楽大学室内楽科研究科課程で研鑽を積み、現在はインペトゥス・サクソフォン・カルテット、クワチュオール・エランで活躍する、ベルリン在住のサックス奏者。彼の待望の1stアルバムが10月1日にドイツでリリースされた。日本ではSpotify、AppleMusic、Amazonミュージックでのデジタル配信で聴くことができる。
あえてオリジナル作品のないシューマンを選んだのは、シューマンがサックスの音色と合うと考えたからであろう。確かにクラリネットを原曲とする作品をはじめとする収録曲は、サックスがオリジナルであるような芳醇さを感じさせてくれる。Taewook Ahnの音色がロマン派の美しさを引き立てるアルバムだ。