画像

ジョルジ・シャラモン クラリネット特別公開レッスン

2019年7月9日(火)

かつてフェレンツ・フリッチャイやオットー・クレンペラー、アンタル・ドラティなど多くの巨匠がシェフを務め、近年では小林研一郎やゾルタン・コチシュが音楽監督を務めたハンガリーを代表する名門オーケストラ「ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団」のクラリネット兼バスクラリネット奏者ジョルジ・シャラモン氏が来日。この度、武蔵野音楽大学において特別公開レッスン開催決定。クラリネットレッスンだけでなく、バスクラリネットの名手としても活躍中のシャラモン氏によるオーケストラスタディ講座は必聴!またシャラモン氏のクラリネットとバスクラリネットによるミニコンサートも予定されており、楽しみな一夜となりそうだ。

ジョルジ・シャラモン

[日時]7月9日(火)
[会場]武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルホール 
[時間]18:30開演
[出演]講師:ジョルジ・シャラモン(Cl)
[料金]入場無料(入場整理券不要)
[問合せ]武蔵野音楽大学演奏部TEL:03-3992-1120

ジョルジ・シャラモン
ハンガリー・ソンバトヘイ地方出身。ハンガリー国立リスト音楽院卒業。
これまでに数多くのハンガリー有名オーケストラでクラリネット奏者を務め、現在、ハンガリーを代表するオーケストラ、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団クラリネット、兼バスクラリネット奏者。ハンガリー国立リスト音楽院、セントイシュトバーン・キラーイ高校にて教導しており、後進の指導にも力を入れ生徒からの厚い信頼を得ている。
また、クラリネットの枠を超えサクソフォン奏者としても、ハンガリーのオペレッタ座やオーケストラにて活躍の幅を更に広げている。RZ クラリネット使用。








画像
画像

画像