クラリネット記事詳細:Micina|コンサート「Clarinet on the BEAT」│ON The Clarinet
画像

Micina 3rdホールコンサート 「Clarinet on the BEAT」

ロック?! ポップ?! ジャズ?! クラリネット界に旋風! 新感覚「インスト・ポップス」
Minica

2011年より、ポップス調のオリジナル曲を中心に、新感覚「インスト・ポップス」を活動スタイルとしているMicina。2013年3月自身初の単独ホール公演「ClarinetWorld」を行ない、以後、毎年開催されている。そして、今年は2015年5月9日に第3回目となるホール公演「Clarinet on the BEAT」が、千葉の行徳文化ホールI&Iにて開催されることが決定した。これまでのクラリネットコンサートとはひと味違う「Clarinet on the BEAT」にぜひ足を運んでいただきたい。

Minica

5月9日(土)
17:30開場 18:00開演
[会場]行徳文化ホールI&I
(東京メトロ東西線行徳駅徒歩5分)

[出演]
Micina(Cl)
サポートアーティスト:IZUMI(Pf)、那須寛史(Guit)、白戸佑輔(Bass)、田村拓也(Perc)、
榊渚/兵頭亜由子(Vn)、飯顕(Va)、篠崎央彡(Vc)、映像美術:葛谷正美、舞台監督:吉川尚志

[料金]
一般¥3,000 学生¥2,000

[プレイガイド]
Micina Webチケット 
http://www.micina-clarinet.com/ticket/

行徳文化ホールI&I TEL 047-701-3011 
http://www.tekona.net/gyotoku/index.php

e+(イープラス)チケット
 http://eplus.jp/

 

Micica

クラリネットアーティスト
Micina(ミキナ)/
渡邊樹菜


千葉県市川市出身。
市川市立妙典中学校、千葉県立船橋高校を経て、東京音楽大学卒業。 4歳より伊藤楽器ヤマハ音楽教室にてピアノを始め、10歳よりクラリネットを始める。 2011年クラリネットによる新しい音楽の可能性を追求すべく、国内でも珍しいポップス界でのクラリネットアーティストとして、ソロ活動を開始。 クラシック育ちの技術を武器に、作編曲を手掛けたオリジナル作品、ロックでもジャズでもない新感覚「インスト・ポップス」で、クラリネット界に新旋風を巻き起こす。 毎年開催の大舞台・単独ホールコンサート(演奏・演出・プロデュース兼任/JCN市川ケーブルテレビ放送)を始め、千葉・東京を拠点としたライブ・イベント出演、アートとのコラボレーション企画、オリジナル楽曲・編曲譜の出版事業などを行い、これまでに3枚のCDをリリース。 近年では、作曲家として企業VP作品への楽曲提供、演奏家への委嘱作品、コンクール曲等も手掛けており、2013年には音楽を担当した短編映像作品が、映文連アワードにおいて、部門優秀賞を受賞。 これまでにクラリネットを、豊永よしこ、村井祐児、月村淳、亀井良信、故内山洋、各氏に師事。

公式サイト: http://micina-clarinet.com/
公式ブログ: http://ameblo.jp/mikina-cl
Facebook: https://www.facebook.com/micina.clarinet
YouTube: https://www.youtube.com/user/micinapr








画像
画像