画像
THE FLUTE ONLINE連載

山元康生の吹奏楽トレーニング!│第4回

繰り返しの大切さ

次に、指をC1に固定したままで倍音を出していきましょう。


各段、最初の2小節は、それぞれの音をタンギングして吹きます。指は、ずっとC1のままにしておいてください。

次の2小節は最初の音だけタンギングして、あとはスラーで息の圧力を上げて倍音を鳴らします。こちらのほうが難しいですね?


倍音に移行する時に唇を絞ると、うまくできません。息の幅をC1の時と変えないように意識して息の圧力を上げると成功します。

前回説明した「逆ボクシング式」を思い出してください。腹筋を固めるのではなく、お腹を張るようにします。

構えの圧力も忘れずに意識しましょう。


3つ目の音に移行する時は、さらに圧力を高めてください。第3倍音G2は特に難しいと思います。

息のスピードが速くなりすぎると、G2を通り越してC3が出てしまいます。

最初から、うまくできる人などいません。失敗をおそれずに何度でもトライしてください。この練習を繰り返すことによって、唇よりも息の圧力と構えの圧力が、いかに大切かが解ると思います。


4段目からは下降のパターンの練習になります。

お腹を最高に張った状態で第5倍音のE3を吹いてから1段回ずつ、お腹の圧力を下げていきます。

唇を変化させずに、これらのエクササイズをスラーで吹くことができるまで、根気よく練習してください。

<前へ      1   |   2   |   3      次へ>      

フルート奏者カバーストーリー
フルートコンサートガイド


画像
画像