画像
The Clarinet vol.75 Close Up

20周年を記念したアルバム「秘められた世界」をリリース─井上幸子

シベリウス音楽院やロッテルダム音楽院など海外留学の経験を持ち、現在は教育者として常葉大学短期大学部音楽科准教授を務める井上幸子さんが、昨年12月にデビュー20周年を記念したアルバム「秘められた世界」をリリースしました。同アルバムは井上さんの高い表現力と芸術性あふれる魅力的なバスクラリネットの邦人作品集です。
今回は、デビュー20周年を迎えた井上さんにクラリネット人生を振り返っていただくとともに、同アルバムについても語っていただきます。

誰よりも絶対に上手くなる

井上さんのクラリネット人生についてお聞きします。クラリネットとの出会い、始めたきっかけを教えてください。
井上幸子
(以下、井上)
クラリネットを始めたのは高校からです。中学校では吹奏楽部でフルートを吹いていて、高校でもフルートをがんばっていこうと思っていました。高校入学時、吹奏楽部に入った1年生は30人くらいいたんですけど、なぜかクラリネットは1人しかしなくて。これだとコンクールに出られないので、各パートから1人ずつ間引かれて無理矢理クラリネットに移されたんです。それで8人くらいクラリネットに増員させられて、その1人が私でした。クラリネットは遊びで吹いたことはあったので、音はすぐ出ましたが曲はすぐには吹くことができなくて、すごく悔しかったのを覚えています。クラリネットに移されてふりだしに戻された気持ちになりました。
そこからクラリネットとどのように向き合ってきたのですか?
井上
もう誰よりも絶対に上手くなろうと心に決めました。ただ、みんなと練習時間は変わらないし、帰宅後は疲れていて練習どころではなくて。だったら誰よりもクラリネットの勉強をしようと。それで部室に置いてある吹奏楽の雑誌に書かれていたクラリネットのワンポイントレッスンをすべて読んでいって実際に練習しました。その雑誌ではアドバイスをしている奏者が1年ごとに変わるのですが、読み込んでいくうちに、例えばタンギングについてはいろんな奏者が同じことを言っているから、きっとこれで合っているんだなと、自分で理解できるようになってきました。実は、その雑誌にはのちに師匠になる元札幌交響楽団の渡部大三郎先生のワンポイントアドバイスもあったのですが、クラリネットについてより、ご自分の歩んできた人生について多く書かれていました。その後、渡部先生に師事するのですが、クラリネットはもちろん、人生観も大きく影響を受けました。
高校卒業後は北海道教育大学に進学されましたね。
井上
私の両親が教員で、両祖父や伯父、伯母、叔母、皆が教員の一族に生まれて、私もその道を継ぐのは当然という感覚でした。
だから、クラリネットを始める前から北海道教育大学に行くことは決めていて、音楽が好きだったので音楽の先生、そのうち吹奏楽の指導者になりたいと思うようになりました。当初は中高音楽教員のコースを志望していましたが、クラリネットが面白くなっていったので、芸術音楽のコースで入学しました。そして大学3年のとき、北海道教育大学と、フィンランドのシベリウス音楽院の交換留学制度が始まって、その二期生を選ぶときに大学の教授に薦められて10か月間交換留学し、とても良いところだったのでその後正式に入学試験を受けて入学しました。
 

>>次のページに続く
・秘められた世界=バスクラ

 

井上幸子 Sachiko Inoue
北海道帯広市出身。北海道教育大学札幌校教育学部芸術文化課程音楽コース卒業、シベリウス音楽院首席修了、ロッテルダム音楽院首席修了。1997年第9回HIMESコンクール第2位。99年札幌市新人音楽会出演。2000年第100回日演連新人演奏会にて札幌交響楽団と共演。第2回ラハティ木管コンクール第2位。05年平成18年度文化庁新進芸家海外留学制度研修員。05年第1回ヘンリ・セルマー国際バスクラリネットコンクール第3位。第1回ロッテルダム国際芸術音楽家コンクール優勝。平成18年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。クラリネットを渡部大三郎、武田忠善、山本洋志、A.ヘイスカネン、K.クリーック、N.ブライスウェイト、バスクラリネットをH.ニクラ、H.ボク各氏に師事。日本クラリネット協会、日本音楽教育学会、日本音楽即興学会、日本音楽表現学会、日本吹奏楽指導者協会各会員、日本バスクラリネットコンクール事務局、静岡市消防音楽隊講師、常葉大学附属橘中・高等学校特任講師、常葉大学短期大学部音楽科准教授。

 

CD Information

「秘められた世界」

【NCD-004】ネクサス音楽出版
[価格]¥2,200(税込)
[演奏]井上幸子(Bass-Cl)、久米涼子(Pf)
[収録曲]千野哲太:青空、小西奈雅子:ROMANZE-Ⅷ-、坂井貴祐:龍は舞う、渡部哲哉:幸せの彩葉、阿部勇一:秘められた世界〈海遊、海溝、流氷下のスケルツォ、月夜の誕生〉、金山徹:嘆きと希望、丹生ナオミ:独奏バスクラリネットのための“Inner Passage Ⅲ”、福田洋介:バスクラリネット・ソナタ〈第1番 ダイヤモンド・ダスト、第2番 風花〉
[問合せ]ネクサス音楽出版 TEL053-545-5011
 



[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>