サックスオンライン_サックス奏者ガイド|雲井雅人|Masato Kumoi
サックスアーティストトップ

雲井雅人 | Masato Kumoi

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

国立音楽大学を経てノースウェスタン大学大学院修了。第51回日本音楽コンクールおよび第39回ジュネーヴ国際音楽コンクールで入賞した。1984年東京文化会館小ホールでリサイタル・デビュー。2012年ハンガリー・ソルノク市立交響楽団、2013年「香港国際サクソフォン・シンポジウム」、2014年「シンガポール木管フェスティバル」などで協奏曲を演奏。2016年インディアナ大学にてオーティス・マーフィー教授のサバティカルリーブにともなう客員教授を務める。2017年アメリカ海軍ネイビー・バンドのサクソフォン・シンポジウムに招待されて演奏とマスタークラスを行う。同年、準・メルクル指揮、国立音楽大学オーケストラとドビュッシー「ラプソディー」を共演。2018年NASA(北アメリカサクソフォーン評議会)に雲カルとして招待され演奏とマスタークラスを行なう。2005年と2014年「サイトウキネン・フェスティバル in 松本」に参加。
ソロCDに「サクソフォーン・リサイタル」、「ドリーム・ネット」(バンドジャーナル誌特選盤)、「シンプル・ソングズ」(レコード芸術誌特選盤)、「アルト・サクソフォーンとピアノのためのクラシック名曲集」、「トーン・スタディーズ」(レコード芸術誌特選盤)、「ラクール:50のやさしく段階的な練習曲」、「リベレーション 我を解き放ち給え」などがある。雲カルCDに「ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ」、「マウンテン・ロード」、「むかしの歌」、「レシテーション・ブック」、「チェンバー・シンフォニー」などがある。大室勇一、フレデリック・ヘムケの各氏に師事。
「雲井雅人サックス四重奏団」主宰。国立音楽大学教授、相愛大学客員教授、尚美学園大学講師。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
ヤマハ YSS-875EXHG,
MOUTHPIECE
SELMER Concept,
LIGATURE
Wood Stone Silver,
REED
バンドーレン トラディショナル 3,
CASE
BODY
ヤマハ YSA-875、YSA-855G,アドルフ・サックス工房製のアルト(1910年代),
MOUTHPIECE
セルマー180/オーガスト・ブッフェ,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル 3/バンドーレン トラディショナル2 1/2,
CASE
BODY
ヤマハ YTS-875S,
MOUTHPIECE
オットーリンク ラバー7★,
LIGATURE
REED
バンドーレン ジャバ2 1/2,
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド

アンサンブル/クラシック全般
プレイ・バッハ 2011-01-01
< CDアルバム >
Simple Songs 2006-12-20
COLUMN 関連記事
画像

雲井雅人サックス四重奏団 第16回定期演奏会...

04.03.19


画像

ソプラノの名手に聞く奏法・楽器・名盤...

11.24.18


画像

雲井雅人_トップ奏者に訊く!美音の作り方...

12.06.17


画像

雲井雅人サックス四重奏団  なかのZEROに登場!...

11.17.17


生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

マルセル・ミュール

(真の天才。サックスという楽器を越えた魅力があります)

影響を受けたアルバム

マスランカ

『アルト・サクソフォーン協奏曲』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

雲井雅人


(2010年3月 岡崎市民会館)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

手にした瞬間から得られる、 長年吹き込んだようなレ

04.23.19

カーボン素材を起用した超軽量ネック等、新素材を使ったサックス関連商品を数多く発売しているForeston
続きを読む>>

「昭和ムード・ミュージックの夕べ〜薫風に心は踊る春

04.27.19

本誌vol.94の特集2でも解説をしてくれた沢中氏がライブを行なう。数々のサポートや自身のConcert
続きを読む>>

THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト