サックス記事

本田雅人の6年振りニュー・アルバム!

THE SAX 72号 Cover Story

日本のフュージョン界のトップ・スターの一人である本田雅人が、なんと6年ぶりとなるソロ・アルバム「SAXES STREET」を完成させた。今回は、久々というだけでなく、記念すべき10枚目のオリジナル・アルバムであり、さらには名門レーベルのGRPへの移籍第一弾!THE SAX vol.72では、そんな本田氏に早速、話を訊いた。ここではその一部を紹介しよう。


長年の愛器マークⅦからマークⅥに楽器を替えた理由とは!?
実は本田氏にとって最も大事なのは、6年ぶりにアルバムを出したということより、使っている楽器を替えたという点。今から2年ほど前に「THE SAX」の特集記事で、一度に色々なマウスピースを試した時に、「SAXZ(サクゼト)」というメーカーのデヴィッド・サンボーン・モデルというモデルが気になり、その後、自分のモデルを作ってもらえることになった。そして完成したのが、THE SAX71号でも紹介した、SAXZの本田雅人シグネチャーモデル。とてもパワーを必要とするこのマウスピースに合わせて試行錯誤した結果、長年使用していた愛器マークⅦを、マークⅥに替えたのだ。「音色は自分の中では大きく変わったと感じています。より艶やかに品よくブライトさが増したというか。」と本田氏は語る。新作のレコーディングは、15万9千番台と9万9千番台2本のマークⅥでレコーディングしている。

 

本田雅人

 

“本田雅人の音楽”の中でも“メインストリーム”なサウンドを凝縮
英語のタイトルがずらりと並ぶ中で、一つだけ異才を放つ曲名がある。『俺たちの太陽』とは?ちなみに、アルバムの中で最もヘヴィーなサウンドのナンバーである。「あぁ、これは、もうそのままなんですよ。もう、この曲にはこのタイトルしかないな、と。梶原順のギターも、カッコ良いでしょ? 今回、アルバムを作るに当たって、B.B.Stationでのビッグバンドなどで作るっていう方法もあったんですけど、僕としては僕の普通の音楽で作ろうと思ったわけです。」

今回の久々のアルバム、「SAXES STREET」は、現在進行形で進化し続けている彼の等身大の姿を満喫できる、純粋に"本田雅人の音楽"を楽しめる作品なのだ。THE SAX72号では、インタビューの全貌を見ることができる。是非、このニューアルバムと合わせて、チェックして欲しい。

 


「SAXES STREET」
    本田雅人
    【UCCJ-2126】(SHM-CD)
    ¥3,000+税
    ユニバーサル ミュージック

 

[演奏]
本田雅人(Sax,Fl,Tp,Flh,Tb,Prog)、塩谷哲(Pf)、松本圭司(Pf,Key,Syn)、鳥山雄司/梶原順/ 菰口雄矢(Guit)、須藤満/井上陽介/川崎哲平(Bass)、山木秀夫/則竹裕之/(Ds)、エリック宮城(Tp)
[収録曲]
Seven、Memories、俺たちの太陽、Pinocchio、Beyond the Time、JURAKI、Sax Street、See you tomorrow

★定期会員の方には、72号の表紙を飾った本田雅人のニューアルバム「SAXES STREET」に収録された『Sax Street』の楽譜をいち早くプレゼント!お見逃しなく!


▼THE SAX CLUB (定期購読) 詳細・申込みはこちらから▼

SAX CLUB1年会員申込み

SAX CLUB2年会員申込み

 


公演情報!!!

本田雅人B.B.STATION  -Big Band Night-

本田雅人がビッグ・バンド “B.B.STATION” を率いてBLUE NOTE東京に登場!同バンドは、原信夫とシャープス&フラッツ、T-SQUAREへの参加を経て、ソロ活動を開始した本田が’97年に結成。エンタテイメント性たっぷりの音作りと、超絶技巧を駆使した各ミュージシャンのプレイが評判を呼び、たちまち日本を代表するビッグ・バンドの仲間入りを果たした。ステージでは本田が書き下ろした数々のオリジナル・ナンバーが披露される予定。ジャズ~フュージョン・ファン、ビッグ・バンド・フリークを狂喜乱舞させる入魂のステージが待ち遠しい!

 

[日時]  2015 7.29 wed. - 7.30 thu. 

[1st.show]
Open5:30pm/Start7:00pm
[2nd.show]
Open8:45pm/Start9:30pm

[Charge]
¥7,500(税込) ※ご飲食代別途
★ビッグ・バンドのライヴを満喫いただける
スペシャル・プラン “Listen to the BIG BAND” 対象公演

[MEMBER]
本田雅人(サックス)
則竹裕之(ドラムス)
井上陽介(ベース)
梶原順(ギター)
秋田慎治(ピアノ、キーボード)
エリック・ミヤシロ(トランペット)
西村浩二(トランペット)
田中充(トランペット)
小林正弘(トランペット)
中川英二郎(トロンボーン)
半田信英(トロンボーン)
笹栗良太(トロンボーン)
山城純子(トロンボーン)
鍬田修一(サックス)
アンディ・ウルフ(サックス)
鈴木圭(サックス)
宮本大路(サックス)

 

[会場/お問合せ]
BLUE NOTE TOKYO
東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
TEL 03-5485-0088


HOME PAGE:
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/masato-honda/

 

 

【関連キーワード・アーティスト】

本田雅人








メニューリスト