画像

ヴォーカルにもトライしたニューアルバムで新境地を開いたジャズトランペットのNO.1ヒロイン市原ひかり

THE TRUMPET vol.4 | COVER STORY

トランペットで歌ってヴォーカルで奏でる新作「シングス&プレイズ」が完成!

今号の表紙を飾ってくれたのは、女性ジャズ・トランペッターのアイコン的存在である市原ひかり。20代前半でメジャー・デビューし、すでにリーダー・アルバムは8枚を数え、いまや国内女性プレイヤーの第一人者としての名声を獲得している。
そんな彼女が4月17日にリリースする通算9枚目となるニューアルバムが、「シングス&プレイズ」。タイトルから想像できるようにトランペットのみならずヴォーカルにも初挑戦した意欲作だ。巻頭インタビューCover Storyでは、シンガーへのトライを後押しした、ある大御所トランペッターとのエピソードや、ピアニストのジョシュ・ネルソン、ベーシストのロブ・ソーセンと共演したサンディエゴでのレコーディングの様子、そして愛用の楽器についてなど、存分に語ってくれた。
トレードマークのひかりスマイルをいっぱいに、アルバムが完成した喜びを満面に湛えたインタビューの雰囲気が誌面からも伝わるはずだ!

 

CD Information

「シングス & プレイズ」 市原ひかり
【PCCY-30250】¥2,778(税別) ポニーキャニオン
[収録曲]My Funny Valentine、My Shining Hour、How My Heart Sings、Be Bop Lives、Bein’ Green、It’s A Sin To Tell A Lie、But Beautiful、I’m Old Fashioned、Like Someone In Love、We’ll Be Together Again
[演奏]市原ひかり(Tp,Flh,Vo)、ジョシュ・ネルソン(Pf)、ロブ・ソーセン(Bass)
 
【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

市原ひかり





ジャズ・コンボ系マウスピース徹底試奏!40+2本一

2021-05-02

本誌恒例となったマウスピースの試奏企画、今回はジャズの中でもコンボやソリスティックなプレイに向いているマ


SUGIZO&類家心平 これからの音楽のカタチ─そ

2021-04-27

12年ぶりに再始動したSHAG。ジャムバンドを率いるギタリストSUGIZOと、当代随一のインプロヴァイザ


ページトップへ