画像
ベートーヴェンの生誕250年!

本年はベートーヴェンの生誕250年! ハルモニームジーク2年目の幕開けはやはりベートーヴェン!! 若き日に残した八重奏曲とロンディーノはこの編成のために書かれた曲。とくに、八重奏曲は当時としてはかなり前衛的で、青年ルートヴィヒの意欲あふれる名作。 交響曲第七番はドラマ「のだめカンタービレ」でも有名になったオーケストラ作品。実はその楽譜の出版と同時に八重奏版も出版されたのです。ベートーヴェン本人が監修された、と当時の新聞に書いてはあるが実際は………

記事を読む>>

画像
EVENT
2020年2月21日(金)兵庫・神戸

クラリネットの名曲の数々が楽しめる「青山秀直クラリネットファンタジー」が、2020年2月21日(金)に兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールにて開催。

記事を読む>>

画像
TOPICS
現地到着!家探しと諸手続きについて
記事を読む>>

画像
EVENT
2019年12月16日(月) 東京

日本をはじめヨーロッパ各地でも演奏活動を行なっているクラリネット奏者の大谷淳子さんが「フランスの粋 ドイツの憂愁 クラリネット&ピアノ デュオリサイタル」と題したコンサートを、12月16日(月)に、すみだトリフォニーホール 小ホールにて開催します。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.33(2009年12月発売)

今回の名盤珍盤コーナーは2つのアルバムを紹介したいと思います。1枚は「モーツァルト」、もう一枚は「ジャカン家の人々」というアルバムです。この二つのアルバムはいずれも古いクラリネットで演奏されています。それぞれのアルバムを僕が聴いたきっかけからお話をはじめたいと思います。

記事を読む>>

画像
EVENT
古典派の流行をお届け

一年を締めくくる今年最後の公演はついにロマン派へと時代が移ります。 古典派に流行したハルモニームジーク。その後もロマン派の作曲家によって新たな世界へと導かれました。 今回の編成はフルートとオーボエが一本ずつという八重奏の編成。 その編成でシューベルトの親友だったラハナー、フルートの名曲で知られるライネッケ、さらにチェコのノヴァチェクという3人のロマン派の作曲が曲を残しています。どれも重厚で情緒あふれる作品です。クラシック音楽とともに一年を振り返る時を過ごすというのもおしゃれではないでしょうか? この機会に珍しいアンサンブルと作品たちを飲食と共にぜひお楽しみください。

記事を読む>>

画像
MUSIC
木村奈保子の音のまにまに 第15号

木村奈保子さんのOnline限定連載「音のまにまに」。前回に引き続き、テーマはデ・ニーロの映画を取り上げます。新作「アイリッシュマン」が11月末に公開された。

記事を読む>>


画像
LESSON
〜クラリネットアンサンブルをやってみよう!〜 vol.44より転載

加藤純子氏によるクラリネットアンサンブルの連載!最終回は「耳を鍛える」ということを中心に、実際にアンサンブルをする立場に立って考えていきます。

記事を読む>>

画像
GEAR
鍵盤楽器を新しく学びたい人へのおすすめモデルをご紹介!

メインで演奏している楽器の他に、一台は持っておきたいデジタルピアノ。 本格的な演奏とまではいかなくとも、音程やハーモニー(=コード)感覚を掴むため、アンサンブルのバランスを学ぶため、もちろん純粋にピアノが上手くなりたい……など、鍵盤楽器の演奏を必須と考える管楽器奏者は多い。そんなデジタル・ピアノに不安を覚える人におすすめするのがコルグ・デジタルピアノのハイエンド・モデル『G1 Air』だ。

記事を読む>>

画像
ARTIST
バスクラリネット奏者・八巻志帆のヨーロッパからの音便り

2018年11月にドイツ・ミュンヘンへ引越し、活動しているバスクラリネット奏者の八巻志帆さんの連載です。31歳での海外移住、そして人生初の留学だそうです。留学を考えている人のヒントになるような日々の便りを送ってもらいます。

記事を読む>>


画像
TOPICS
ひょんな事ではじまる留学生活
記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.70 Close Up

21歳の若さでベルリン・フィル首席奏者に就任してから9年。アンドレアス・オッテンザマー氏は、オーケストラのスター奏者としてだけでなく室内楽プレイヤーとしても活躍し、世界中の名手と共演の幅を広げている。そのアンドレアス氏がこのほど待望のニューアルバムを今年3月に発表。慣れ親しんだオーケストラのソリストとしての演奏と、室内楽奏者としてのピアノとのデュオが楽しめる興味深いアルバムだ。来日したオッテンザマー氏が語るアルバムへの思いとは。

記事を読む>>

画像
GEAR
The clarinet vol.70

世界的に有名なクラリネット奏者が愛用し日本でも多くの愛用者がいる。この斬新なリガチャーをはじめとする管楽器アクセサリーの開発・製造を行なうSilverstein社CEOのB.K. Son氏が6月に来日、突撃取材を敢行した。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet vol.70 Close Up

スタジオワークやライブ、さらにはアレンジャーやサウンドプロデューサーなどの顔もあり、マルチに活躍している山本拓夫氏が率いる木管六重奏ハロクラインが、10月12日に待望の2ndアルバム「GLOBE-TROT」をリリースする。
そこで、メンバー6人にハロクラインのこと、そしてニューアルバムのことを訊いた。

記事を読む>>


画像
ARTIST
The Clarinet vol.70 Close Up

2015年からボローニャ市立歌劇場管弦楽団の首席奏者を務めているシモーネ・ニコレッタ氏。音色の美しさで知られるニコレッタ氏は、イタリアオペラの演奏はもちろん、ピアニストである兄と共演し室内楽奏者としても幅広く活躍している。今回は同管弦楽団とともに3度目の来日を果たした。ニコレッタ氏は大の親日家でもあり、音楽とクラリネットへの深い愛を笑顔で語ってくれた。

記事を読む>>

画像
ARTIST
The Clarinet 連載

YoutubeやSNSでも話題のクラリネット奏者の千花音さんの連載第4回は、日向坂46さんの 『こんなに好きになっちゃっていいの?』を演奏します!「聴いて」「見て」楽しんでいただける、クラリネットの魅力がたっぷりと詰まったものをお届け!

記事を読む>>

画像
MUSIC
木村奈保子の音のまにまに|第14号

木村奈保子さんのOnline限定連載「音のまにまに」。今回は『ジョーカー』(2019)を題材に取り上げます。

記事を読む>>

≪先頭      <前へ      1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>      最後≫



GEAR
EVENT
ARTIST
画像 画像 画像

東京クラリネットアンサンブル×リーフレック クラリ


03.13.20

楽器に付けるだけで響きと音量を増幅させるアイテムとして、プロアマ問わず話題を呼んでいる『リーフレック』。
続きを読む>>

リードのシールを集めて当たる! バンドーレンシール


03.09.20

バンドーレンリードのパッケージシールを集め、枚数に応じた豪華商品に応募できるキャンペーン「バンドーレンシ
続きを読む>>

第9回 |赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!


03.26.20

本誌の創刊から1年が経とうとする2001年、7号より連載「赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!?」は
続きを読む>>