クラリネット オンライン
クラリネット記事
The Clarinet vol.76 付属音源連動 Micinaインタビュー

世界的ブームのシティ・ポップをカッコよく吹く!

The Clarinet 76号の楽譜は、現在世界的なブームとなっている日本のシティ・ポップを取り上げました。その参考演奏を、ポップクラリネットアーティストとして活動するMicinaさんが担当。シンプルなコード進行のシティ・ポップをカッコよく吹いてくれました。
ここでは、それぞれの曲の演奏ポイントや、Micinaさんのクラリネット人生についてもお聞きしました。

インストらしいカッコよさ

Micinaさんは現在、ポップクラリネットアーティストとして活動されています。ポップスを中心に活動しようと思ったきっかけは?
M
そもそもは中学校の吹奏楽部がきっかけになっていると思います。私が入学した年の4〜6月までは音楽の先生が顧問をされていたのですが、体調を崩されたことでご退職されました。その音楽の先生がプロの作編曲家の方に後任として吹奏楽部の指導をお願いしていて、受けていただけることになったんです。その方は当時ジャニーズのコンサートやアニメ、TVの特撮モノなどの音楽を担当されていました。その関係もあり、中学の3年間はクラシカルな吹奏楽モノというよりはポップスの本番が多く、そのころヒットした映画「スウィング・ガールズ」の影響を受けてビッグバンドもやっていました。また、レコーディングの現場に連れて行ってもらったりもしていました。そういう経験をさせていただいたことが大きいと思います。
ポップスを演奏するときに重要視していることは?
M
発音ですね、かなり意識しています。クラリネットは木管楽器の中でもエッジが立ちにくい音色を持っているので、クラシカルな吹き方をするとどうしても音の立ち上がりが遅れたり、リズムがぼやけたりしてしまいます。今回のレコーディングもそうですが、バックが打ち込みだったり、楽器でもギターやピアノなどは発音がはっきりしています。これらと一緒に合わせていくとなると、ストレートな発音だったり、リズムを出すのに遅れを取らないような発音の仕方をしないとうまく合わさらないんです。だから発音はポップスを吹くときに一番注意している点ですね。
今回の4曲では装飾音やベンドを多く使われていますね。
M
ポップスの原曲には歌詞があります。歌い手の音質や声をそっくりそのまま再現しようとしても、クラリネットでは同じにはならないし、今回のようなアプローチにはならないと思います。私の場合はインストとして美しく聴こえるようにするためにはどうしたらいいのかを考えています。今回のシティ・ポップはシンプルなメロディやハーモニーの曲が多く、バッキングも複雑じゃないので、装飾音やベンドなどの遊びも何もなくシンプルに吹いてしまうと演奏が棒吹きになってしまいます。だから、遊びを入れたほうがインストらしいカッコよさが出るだろうなと。ただ、それがわざとらしく入っていると逆にカッコ悪くなるので、指使いや音などクラリネットでラクに出しやすいところで遊びの部分を加えています。

>>次のページに続く

 

Micina(ミキナ)
ポップクラリネットのソロアーティストとして演奏、演出、全作編曲を手掛けるプロデュース公演「Clarinet on the BEAT」(市川・浦安TV放送)を主催。東京・千葉を中心としたライブ、イベント出演、レコーディングワークなど。現在オリジナルポップCDアルバムを5作、アンサンブル作品集を2作、ライブblu-ray1作をリリース。所属するポップスエンターテインメントグループCLASHで2018年、初台湾公演を成功。2022年、クラリネット五重奏団Penta-Clamを結成。オーケストラG.Dream21メンバーとして女優・真矢みきさん、歌手・小林幸子さん、森山良子さん、お笑い芸人・どぶろっくさん、オペラ歌手・錦織健さん、森麻季さん、雅楽師・東儀秀樹さん、など著名人と多数共演。作曲家として、企業への楽曲提供やプロ団体からアマチュア・学校団体へのアンサンブル作品を委嘱書き下ろし、出版事業を行なう。2013~2015年音楽を担当した短編映像作品が、映文連アワードにおいて企画賞・部門優秀賞を連続受賞。代表作「ガラスの海と都市の情景」は2015年全日本アンサンブルコンテストへ出場したことをきっかけに、国内だけでなくヨーロッパやアジア、アメリカなど海外コンサートでも演奏されている。2018年より始まった、岡山子ども未来ミュージカル「ハロルド!」(脚本:坂口理子/映画「かぐや姫の物語」/ミュージカル「四月は君の嘘」ほか)にて全作編曲を担当中。

 

【収録楽曲】
『プラスティック・ラブ』
『中央フリーウェイ』
『君は天然色』
『Down Town』


The Clarinet vol.76 連動音源ダウンロード

Micinaさんが演奏する『プラスティック・ラブ』『中央フリーウェイ』『君は天然色』『Down Town』演奏とカラオケ音源がダウンロードできる
*定期購読[配本のみ]プラン、定額オンライン[配本セット]プランを含む

・雑誌をご購入の方は、無料会員登録および誌面に記載しているアクセスコードの入力が必要になります。
・定期購読[配本のみ]プランの方は雑誌に同梱の『ダウンロードのご案内』に記載のアクセスコードの入力が必要になります。
・配布期間終了後に定額オンラインまたは定期購読をお申し込みいただいたお客様につきましては、アルソオンライン(online_support@alsoj.com)までお問い合わせください。

\ダウンロードはこちらから!/

ダウンロード案内

【定期購読(配本のみ)プランの方へ】
音源をダウンロードするためには、アルソオンラインへの会員登録が必要です。電話などインターネット以外で、アルソ出版通信販売部で過去にご注文のある方や、フジサンマガジンサービスで雑誌をご購入いただいた方は、新規で会員登録をせずに、お問合せフォームまたは、info@alsoj.net までメールアドレスとお名前をお知らせください。

【ダウンロードデータ・コンテンツに関して】
掲載されている著作物の全部または一部を、権利者に無断で複製または転載し、頒布し、他に送信することは、著作権の侵害にあたり、著作権法により罰せられます。
ダウンロードデータの提供は予告なく終了することがあります。あらかじめご了承ください。

 


[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>