片山士駿のSwing, Swang, Flute!!!

第11回│さかはし矢波さんのラジオに出ました!

ジメジメとタンポがペタつくこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。梅雨明けにおひさまピーカンになるのは、洗濯していて気持ちがいいものですが、どっこい日中に外を歩いているときなどはモー、イヤッ!と叫びたい気持ちになります。毎年この時期になると書いているように思いますが、湿気が多くなるこの時期は楽器の鳴りも少し重たくなるような気がしてなりません。とはいえ空気が乾燥しすぎると今度は喉がやられるし……ウーム、なかなかうまいこといきませんな。

先日、東京フィルハーモニー交響楽団フルート奏者 さかはし矢波さんのラジオ番組「さかはし矢波の三ツ星クラシック」にゲストで出演をさせていただきました! これまでもSNS上や共通の知人を介してやり取りをさせていただいていたのですが、直接お会いしたのはこの日が初めて。やっとお会いすることができたという思いと、ラジオでのお喋りということもあって、大変に楽しく、収録も本当にあっという間に過ぎてしまったように感じました。トークの内容は、7月23日(日)CRT栃木放送にて19時より放送されるラジオ本編にて(エリアフリー版のradikoでもお聴きいただけるそうです!)ぜひお楽しみいただければと思いますが、今回はこのラジオにまつわるお話を綴っていこうと思います。

収録後にさかはしさんと
 

>>次のページへ続く

片山士駿

片山士駿  (かたやま しゅん)
1995年千葉県出身。国立音楽大学ジャズ専修を首席で卒業、矢田部賞受賞。Manhattan School of Music 修士課程を修了。2015年、第46回山野ビッグバンドジャズコンテストにて最優秀ソリスト賞を受賞。フルート奏者の受賞は大会史上初。2016年、米国フルート協会 NFA主催 Jazz Artist Competition Winner Player に選出される。2018年、マンハッタン音楽院へ入学しニューヨークへと渡る。2020年、新型コロナウイルスの影響により日本へ帰国。都内を中心に、自己のリーダーカルテットや、浅利史花(gt), 壷阪健登(pf)と結成した“キリヱ”での演奏活動の他、文化放送70周年記念「朗読劇 WA-GEI 」、「映画『ルパン三世 カリオストロの城』シネマ・コンサート! and 大野雄二・ベスト・ヒット・ライブ!」等、様々なライブやレコーディングへの参加、TV 出演など、活動は多岐にわたる。これまでに池田篤、大澤明子、斎藤和志、Donny McCaslinの諸氏に師事。
主な共演歴:小曽根真、菊池ひみこ、佐山雅弘、山下洋輔、にゅうおいらんず等(敬称略)

 
[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

フルート奏者カバーストーリー


画像