画像 画像

☆ザフルシュラン☆ フルートの隠れ名店発見♪ vol.2

スタッフの掛け合い度 ★★★

福岡・ムジカ テラシマ

福岡は赤坂にお店を構える管楽器専門店「ムジカ テラシマ」。長年管楽器業界に携わる中、近年では地元に根ざしたフルート専門店として多くの奏者に愛されています。今回は、そんな福岡の名店「ムジカ テラシマ」さんをご紹介しちゃいます♪

ムジカ テラシマの店員さんに聞きました!

ムジカ テラシマ 社長 寺嶌三徳さん/リペア 林田麻里さん
ムジカ テラシマ 社長 寺嶌三徳さん(写真:右)/リペア 林田麻里さん(写真:左)
――
ムジカテラシマさんといえば、“フルートの専門店”というイメージですが、どんなお店なのでしょうか?
寺嶌
もともと管楽器のお店として始めて、おかげ様で20年が過ぎました。今年の9月で22年目を迎えます。当初は金管も取り扱っていましたが、今では各種フルートメーカーの楽器やアクセサリーから小物・楽譜など、フルートを中心とした商品を主に取り揃えています。
――
お客さんはどんな方が多いですか?
林田
学校を卒業されてからも趣味で楽器を演奏しているような一般の方が多いですね。一番多い層は30~40代でしょうか。福岡には音大がないということもあり、私たちが学校に行って修理や販売をするということはしていないのですが、みなさん長くご利用いただいていて、昔学生だった方で未だにお付き合いのある方も。そんなこともあってか、学校の先生方が「このお店がいいですよ」とオススメくださり、ご来店いただく学生さんも多いです。
――
リペアもされていますよね?
寺嶌
はい。フルートはもちろん、オーボエからチューバまで、リペアは金管・木管問わず行なっています。でもやはりフルートのリペアが一番多く、案件としては7割以上がフルートの修理です。オーバーホールのリペアが多いですね。実は、“フルート専門のお店”という立ち位置になったのも、リペアを通してフルートのプロ奏者の方々の出入りが多くなり、そうした繋がりから自然とフルート専門のお店となったのです。
――
フルートのリペアにおいて一番大事にしていることは?
寺嶌
プロ、アマチュアを問わず、心を込めて丁寧に修理をすることは当たり前だと思うのですが、一番は“独りよがりの修理をしないこと”ですね。何年も修理に携わっている人なら、ある程度なんでもできてしまいます。でもリペアも楽器との相性と同じで、お客さん一人ひとりにとってどんな状態がベストかは違ったりもします。だからこそリペア技術の腕があったとしても、独りよがりの修理をせず、お客さまのことを考えるということを大事にしています。
――
九州のフルート事情はいかがですか?
林田
ここ福岡では、毎年秋にアクロス福岡というホールで、「日本フルートフェスティバル in 福岡」が開催されています。一般からプロ奏者の方まで多数のフルート愛好家の方々が参加され、250人以上の方々が集まります。それ以外にもフルートだけのオーケストラもあったりと、なかなか盛り上がっていますよ!
――
ムジカテラシマさんは今後どういったことを?
林田
お客様にご満足いただけるように、お店独自のフェアやイベントなども積極的にやっていきたいですね。二人だけなのでなかなか余裕がなかったりもするのですが、今年こそは!(笑)
――
ありがとうございました!
ムジカ テラシマ

冗談も織り交ぜつつ終始温かい対応をしてくださり、インタビュー中にお客さんが来店した際は林田さんが即座に応対し、インタビューはサッと自然に寺嶌さんにバトンタッチ……という“あうんの呼吸”が見事なお二人。お店に来た人への対応もとてもきめ細かいものでした♪ そんなお二人とのやり取りに、長きに渡って築いた信頼関係が伝わってきて、“福岡の名店”という理由の一端を垣間見ました。福岡に立ち寄った際は、是非一度「ムジカ テラシマ」に!
ということで……
ムジカ テラシマさん、星3つです!!

ムジカ テラシマ
〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-1-22 たつみ赤坂ビル 3F
営業時間/10:30~19:00 日祝日10:30~18:30  
定休日/毎週火曜日
TEL.092-713-0991

管楽器グッズフェア
カバーストーリー
フルートコンサートガイド

画像
画像

画像