画像

大久保はるかのボサノバレッスン

vol.1ボサノバのリズムの取り方

カフェなどで流れるボサノバミュージック。
よくフルートの音色が使われているのはご存じでしょうか? ゆったりとしたおしゃれなメロディを吹けるように、ボサノバフルーティストの大久保はるかさんがナビゲート!
動画と一緒に見ればきっとみるみるうちにおしゃれなボサノバが吹けるでしょう!

ボサノバは2拍子の音楽です。メトロノームを使って練習する際には、拍の頭にかけ、2拍子でリズムをとります。この時大切なのは、1拍目から2拍目へ向かった「時の流れ」、1拍目から次の一拍目へ向かった「時の流れ」を十分に味わっていくことです。横揺れに軽く揺れるブランコのように左右に行ったり来たりするようなスイング感。これを体現する練習から始めてみてください。ボサノバのリズムがぐっと身近なものになってきます。

 

ボサノバは2拍子
0:50


メトロノームを使う際は
拍の頭にかける

1:45


横揺れの感覚を持つこと
2:35


Haruka Okubo│大久保はるか
玉川大学芸術学科フルート科卒業。その後、ヤマハ・ポピュラー・ミュージック・スクール・フルート科講師を勤める。1993年、イギリスに留学。トレヴァー・ワイ氏主宰《THE STUDIO》においてクラシック奏法はもとより、ジャズ理論に基づいた即興演奏に至るまで幅広く習得する。留学中に触れたA.C.ジョビンの音楽に感銘し、ボサノヴァ、サンバなどブラジル音楽の演奏活動を開始。CD『Olha Pro Céu 』『Classic In Bossa Nova Flute』『Song Of The Jet』を発売。CD付き楽譜集『ギターとアンサンブル ボサノヴァ・フルート』1~3巻など著書18冊。
大久保はるか公式ホームページ

 

大久保はるか先生は現在a-note+ MUSIC SCHOOLでもレッスン中!
問合せ・教室の情報はコチラ


カバーストーリー
フルートグッズ
フルートコンサートガイド
70年代洋楽

画像
画像

画像