画像

大久保はるかのボサノバレッスン

vol.3 日課練習をアレンジしよう

「大久保はるかのボサノバレッスン」、早いことに3回目を迎えました!
少しずつボサノバの音楽に親しんできたころではないでしょうか? 第3回目はいつもの日課練習をボサノバ風にアレンジする方法をナビゲートしてくれます。

ボサノバなどポピュラー音楽では、書かれている音符をそのまま演奏するだけではなく、その場の雰囲気や奏者の好みによって装飾音を付け加えたり、メロディフェイクやアドリブをする、ということがあります。言ってみればプレーヤーの誰しもが小さなアレンジャー(編曲者)なのです。ですので私達はこういったアレンジ能力を日ごろから磨いておきたいものです。手始めとしてスケールやアルペジオなどいつもの日課練習をアレンジすることにトライしてみましょう。

 

「リズムアドリブ」
にトライ!

1:17


始めは音階音列を変えず
リズムのみ即興

1:45


慣れてきたら設定を変えてメロディックに
3:08


Haruka Okubo│大久保はるか
玉川大学芸術学科フルート科卒業。その後、ヤマハ・ポピュラー・ミュージック・スクール・フルート科講師を勤める。1993年、イギリスに留学。トレヴァー・ワイ氏主宰《THE STUDIO》においてクラシック奏法はもとより、ジャズ理論に基づいた即興演奏に至るまで幅広く習得する。留学中に触れたA.C.ジョビンの音楽に感銘し、ボサノヴァ、サンバなどブラジル音楽の演奏活動を開始。CD『Olha Pro Céu 』『Classic In Bossa Nova Flute』『Song Of The Jet』を発売。CD付き楽譜集『ギターとアンサンブル ボサノヴァ・フルート』1~3巻など著書18冊。
大久保はるか公式ホームページ

 

大久保はるか先生は現在a-note+ MUSIC SCHOOLでもレッスン中!
問合せ・教室の情報はコチラ


カバーストーリー
フルートグッズ
フルートコンサートガイド
70年代洋楽

画像
画像

画像