画像

考えて動くのではなく、“考えながら動く”─それが目標を実現するキーワード

The Clarinet vol.73│辻本美博
辻本1

本誌の連載企画「本気でクラリネット普及委員会」でもおなじみの辻本美博さんは、Calmera、POLYPLUSという2つのバンドではサックスプレイヤーとしても活躍しているが、「第6回管楽器ソロコンテスト奈良県大会 グランプリ」をはじめ、学生時代にクラリネット奏者として数々の受賞歴を持つ。そんな辻本さんが本領を発揮した待望のクラリネットソロデビューアルバム「Vermilion(ヴァーミリオン)」が完成! 今回のインタビューではこれまでのクラリネット人生を振り返ってもらうとともに、1stアルバムに込めた想いを訊いた。

 

クラリネットの低音が気持ちいい

まずは、クラリネットを始めたきっかけをお願いします。
辻本美博
(以下 辻本)
クラリネットを始めたのは中学校の吹奏楽部です。最初はバスケットボール部に入ろうとして練習に行ったんですけど、何か違うと感じて仮入部を取り下げました。そのあとになんとなく音楽室に行ったら、吹奏楽部の顧問の先生と先輩に「何か希望の楽器はあるの?」と聞かれて、「楽器のことはよくわからないんですけど、なんとなく来ちゃったんです」と答えたら、2人が相談し始めて渡されたのがクラリネット。だから、自分では選んでないんです。後々考えると導かれたと思うんですけど、まだ入部するとも、クラリネットをやるとも言ってないのに、すぐに練習に参加させられて(笑)。何もわからず先輩に言われるがまま吹いてみたら意外にも音が出て、その日のうちに最低音まで出すことができて、とてもうれしかったのを覚えています。周りからは「すごいね!」なんて言われて、もしかすると褒めて入部させようとする常套手段だったのかもしれないけど、それにおだてられて、自分としても「クラリネットの低音が気持ちいいな」と思ったんです。
その後は高校まで吹奏楽部ですか?
辻本
はい。高校は全国大会の常連校で、1年からメンバーでした。しかも、1年の僕がソロコンテストに出場してグランプリをとったりして吹奏楽エリートコースを進んでいましたね。高校3年のときにはキャプテンを任されたんですけど、吹奏楽コンクールの招待演奏やザ・シンフォニーホールでの創部70周年記念演奏会を控えた時期に、指揮者(顧問の先生)の独断による一方的な指示でバスクラにまわされたんです。バスクラリネットが嫌なわけではないけど、自分としてはBbクラリネットを吹きたかったから、もうモチベーションが上がらなくて。それに、吹奏楽部では慎重に怯えながら一音を出さないといけないような空気感だったので、自分の考えとは少し違うと思っていたんです。(次ページに続く)
 

>>次のページに続く
・満を辞しただけの自信作が完成

 

辻本美博 Yoshihiro Tsujimoto
奈良県奈良市出身。中学で吹奏楽部に入部しクラリネットを手に取る。中学生の頃に「第6回管楽器ソロコンテスト奈良県大会 グランプリ」「第7回管打楽器ソロコンテスト関西大会 ヤマハ賞」を受賞。高校の吹奏楽部では「全日本吹奏楽コンクール」で連続金賞受賞を記録。さらにストリートライブで腕を磨き、高校3年のときにソリストとして出場した「YAMAHA管カラフェスタ2006全国大会」で演奏グランプリとオーディエンス賞のW受賞を果たす。大学進学後にアルトサックスと出会い、サックス奏者としても活動を開始。2010年、エンタメジャズバンド・Calmeraに加入。2013年にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。2014年、自身がリーダーを務めるインストセッションバンド・POLYPLUSを結成。クラリネットとアルトサックスの二刀流で活躍の場を広げ、アーティストサポートや映画・ドラマ・CM楽曲に多数参加。近年では、映画『四月は君の嘘』、アニメ『恋は雨上がりのように』、フジテレビ系ドラマ/映画『コンフィデンスマンJP』などの劇伴や、NakamuraEmi、ポルカドットスティングレイなどの作品に参加。2020年10月、クラリネット奏者としてのデビューシングル『Vermilion』を配信リリースしiTunesジャズソングランキング第1位を獲得。同曲は関西テレビ放送『舘山聖奈の CINEMA コンシェル』(毎週土曜 午前10:30〜10:33放送)テーマソングにも起用された。そして遂に、2021年2月24日、1stクラリネットソロアルバム『Vermilion』をリリース。

 

CD Information

vermilion
「Vermilion」

価格:¥ 2,545+税
【PWT76】Playwright
[演奏]辻本美博(Cl)、カワムラヒロシ(Pro&Arr,Guit)、千葉岳洋(Pf)、片野吾朗(Bass)、工藤明(Perc)
[収録曲]Disc1:Wall Painter、A Musette for the Blondie、Vermilion、Romance、Csardas、night rainbow、Disc2:Disc1のクラリネット音源のみを抜いたマイナスワン
 

今号だけのBIGな無料ダウンロード!!
[ダウンロードデータ配布期間:2021年7月9日まで]

その1雑誌購入者全員*が対象!

クラリネットソロアルバム「Vermilion」のリードトラック『Vermilion』のフル音源がダウンロードできる!
*CLARINET CLUB(定期購読プラン)会員、ONLINE CLARINET CLUB(定額オンラインプラン)会員を含む

さらに!!

その2定期購読・定額オンライン限定特典!

クラリネットソロアルバム「Vermilion」に収録されたカラオケと完全連動した『Csardas』のピース譜がダウンロードできる!

・雑誌をご購入の方は、無料会員登録および誌面に記載しているアクセスコードの入力が必要になります。
・雑誌をご購入の方は【会員限定 ダウンロード楽譜】はご利用できません。
・定期購読(配本のみ)プランの方は雑誌に同梱の『ダウンロードのご案内』に記載のアクセスコードの入力が必要になります。
・配布期間終了後に定額オンラインまたは定期購読をお申し込みいただいたお客様につきましては、アルソオンライン(info@alsoj.net)までお問い合わせください。

\ダウンロードはこちらから!/

ダウンロード案内

【定期購読(配本のみ)プランの方へ】
音源をダウンロードするためには、アルソオンラインへの会員登録が必要です。まだ会員登録がお済みでないお客様は、info@alsoj.netまでメールアドレスをお知らせください。また、インターネット環境のないお客様はアルソ出版通信販売部(03-6908-1121)までご連絡ください。

【ダウンロードデータ・コンテンツに関して】
掲載されている著作物の全部または一部を、権利者に無断で複製または転載し、頒布し、他に送信することは、著作権の侵害にあたり、著作権法により罰せられます。
ダウンロードデータの提供は予告なく終了することがあります。あらかじめご了承ください。




[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>