画像

5『青春の輝き』

advice by 佐々木華

人気曲を、誌上レッスンと連動した演奏動画も参考にしながら、あなたのレパートリーに……! そんなコンセプトでお送りしてきた part1・2に続き、今回はフュージョン&ポップス編です。
引き続き、レッスン担当奏者による動画も紹介、取り上げた曲の楽譜もTHE FLUTE 177号の巻末に掲載しています。ぜひ誌面とあわせて活用してください。


5. 青春の輝き 作曲:リチャード・カーペンター、ジョン・ベティス、アルバート・ハモンド

 アメリカの兄妹ポップ・デュオ、カーペンターズは、時代を超えて様々な世代のファンを持つアーティストです。カレンさんの切なく時に訴えかけるような歌声、そしてそれを緻密なアレンジと楽曲構成で引き出すリチャードさんの天才的な曲作りには、どの曲を聴いていても心惹かれます。

佐々木華

advice by 佐々木華

ささき・はな●東京藝術大学卒業。日本フルートコンヴェンション2013アンサンブル・アワード部門第3位。国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門入選。他多数入賞。フリーランスとして国内外のオーケストラへの客演や、ソロや室内楽でのコンサート、Youtubeや17Live等のネットでの動画や生演奏配信、作編曲、フルート教室の運営など幅広く活動中。2020年9月4日に2nd Single CD「Fireworks」をリリース。
 

information

佐々木華 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCa_laH4UuarxRxedh8diupQ? sub_confirmation=1
チャンネルのトップ動画に本誌掲載の譜面と同じアレンジの青春の輝きの動画をアップしています♪

 

introduction

日々動画や配信のためのカラオケ音源を作るのに、カーペンターズのCDをよく注意して聴いていると、ポピュラー音楽で定番ともいえるコード進行の中に、弦楽器のセクションにふわりとオーボエのソロが乗っかってきたり、爽快なギターの響きの上でエレピがまるでモーツァルトみたいに緻密な音の並びでキラキラしていたり……クラシック好きにもたまらない、素敵なアレンジが散りばめられているんです!
だからこそきっと、楽器を愛する多くの方にも、この曲が演奏されてきたのかな、と思います。
カレンさんらしい切ない歌詞を持つ歌ですが、ちょっと吹っ切れて明るい曲調に言葉をのせているように聞こえます。フルートで演奏するにはぴったりなメロディなのではないでしょうか。
レッスンでは、フルートを演奏する上での技術的なアドバイスと、この曲の良さを引き出すための曲の背景や歌詞を踏まえたアドバイスを何点か書かせていただきました。何かヒントになることがあれば嬉しいです。

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。
定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

カバーストーリー
フルートコンサートガイド

画像
画像