画像

第29回 インタビュー編《オーケストラ奏者に聞く》vol.6 下払桐子

THE FLUTE ONLINE 連載 「岩崎花保のハッピーフルートライフ」

皆さまこんにちは! フルート奏者の岩崎花保です。《オーケストラ奏者に聞く》6人目のゲストは、東京フィルハーモニー交響楽団の奏者で、オンラインのコンサートなどご自身の活動も積極的に行なっている、下払桐子さんをお迎えいたしました。幼少期の意外な性格や学生時代のお話など、たっぷりと伺いました♪

幼少期の習いごと

岩崎
桐子さんは小学生のとき、何か習いごとはされていましたか?
下払
姉の影響もあり、3歳から中学1年生までバレエを3姉妹みんなで習っていました。ピアノも5歳から習っていました。
岩崎
3歳からの習いごとはかなり早いですね。
下払
姉は新国立劇場で踊っていたこともあり、昔からかなり本格的にやっていたので、我が家の生活はかなりバレエ寄りでした。当時の両親は大変だったんじゃないかなぁと思います。
岩崎
バレエを始めたときのことは覚えていますか?
下払
うーん。始めたのは3歳なのでそこまで覚えていませんが、私はとにかく人見知りで、みんなと違うことをするのが怖くて。一人だけ違う振付を渡されたりすると、すごく消極的になって自分自身を上手く出せないタイプでした。
岩崎
人見知りだったとは知りませんでした……! 習いごとが忙しかったとは思いますが、遊んだりはしていましたか?
下払
もちろん! 外で遊ぶよりインドア派だったので、妹と一緒にゲームボーイで遊んだり、ニンテンドー64をしたり。漫画もよく読んでいました。
岩崎
桐子さんにゲームとか漫画のイメージはなかったのでびっくりです! 急に親近感が湧いてきました(笑)。

▶︎インタビューは、2ページ目に続きます


下払桐子 Kiriko Shimobarai

下払桐子
下払桐子

1988年11月10日生まれ、東京都出身。12歳よりフルートを始める。 国立音楽大学附属高等学校を経て、同大学を首席で卒業。卒業時に武岡賞受賞。同大学大学院修士課程修了。第85回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)、加藤賞、吉田賞受賞。第17回びわ湖国際フルートコンクール第1位。第17回日本フルートコンヴェンション第1位及び吉田雅夫賞受賞。第5回仙台フルートコンクール第1位受賞。第4回岩谷時子賞「岩谷時子Foundation for Youth」受賞。NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』、第81回読売新人演奏会、小澤征爾音楽塾等に出演。東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、ルーマニア国立オーケストラ等と共演。2020年12月より1年間埼玉県入間市武蔵ホールにて毎月リサイタルを開催。現在、東京フィルハーモニー交響楽団フルート奏者、国立音楽大学附属中学・高等学校、北鎌倉女子学園フルート科非常勤講師。

 

岩崎花保 Kaho Iwasaki

岩崎花保
岩崎花保

愛知県豊田市出身。
第15回日本クラシック音楽コンクール中学校の部全国大会第1位。
第61回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第1位。
第13回万里の長城杯国際音楽コンクール管楽器部門第1位をはじめ、様々なコンクールで入賞。
2012年豊田市文化振興財団より文化新人賞受賞。
小澤征爾音楽塾、浜松国際管楽器アカデミー、ロームミュージックファンデーション音楽セミナーに参加。
NHKのクラシック音楽番組「ららら♪クラシック」や「スコラ」などに賛助出演し、人材派遣の協力もしている。
学生時代から古楽の世界にも興味を持ち、トラヴェルソ奏者としても活動しているほか、朝♪クラ音楽ディレクター、コラムライター、コンサートの企画運営など、演奏以外の仕事もボーダーレスに行っている。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を卒業。
同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻を修了。
2019年より東京藝術大学管打楽科の非常勤講師として藝大ウィンドオーケストラの授業を担当している。

タレコミやリクエスト募集!
ご意見はザ・フルートの公式SNSのダイレクトメッセージ、またはアルソ出版のお問い合わせアドレスまでお送りくださいませ。
facebook Twitter mail

 

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

フルート奏者カバーストーリー
フルートコンサートガイド

画像
画像