画像

スウィングしよう♪ ジャズクラリネット 超初心者のための手引

第7回 ジャズのメロディ、自由な歌いまわし

Hey Guys!!ジャズクラリネット奏者の熊倉未佐子です。ジャズに挑戦されている皆様に、よりジャズに親しんでいただけるよう、楽しくわかりやすい情報発信をして参ります。お付き合いのほどよろしくどうぞ。

 

熊倉未佐子

Misako Kumakura

ジャズを子守唄に、6歳でピアノ、9歳でクラリネットに出会う。クラシックを小山裕子に師事。
洗足音大ジャズ科2013年卒業。谷口英治、中村誠一に師事し、Evan Christopher、Anat Cohenのレッスンも経験。
第35回浅草ジャズコンテストバンド部門銀賞、ソリスト賞受賞。
北村英治米寿記念コンサートで北村英治と念願の共演を果たし、以後も共演を重ねる。
日本のジャズ史上初の女性クラリネット奏者として活動する傍ら、企業が運営するYouTubeチャンネルのパーソナリティーを務め、同社のテレビCMにも出演する等多彩な活動を展開。

 

熊倉未佐子LINE公式「教えて!みーちゃん先生♪」にて、記事のご感想やテーマのリクエストを募集しております。
【LINE公式】https://lin.ee/1SqseVwE4

さて、第7回の内容は、“ジャズのメロディ、自由な歌いまわし”です! ジャズ演奏といえばアドリブを思い浮かべる方も多いと思いますが、テーマを自由にうたいあげることも魅力的なジャズの演奏には欠かせません。
今回は、リードシートを見て、自由にフェイクが出来るようにLet's swing♪〜
記事の後半では、テーマの吹きまわしが格段に良くなるコツをご紹介します。ぜひ最後までお楽しみください。

まずはジャズ用語から

まずは、今回のポイントとなるジャズの用語を覚えましょう。

テーマ
アドリブの前後などに演奏される曲のメロディ部分

リードシート
メロディやコード等といった曲の主要な要素だけが1コーラス分だけ、コンサートキー(C譜)で書かれた譜面

フェイク
元のメロディーを記譜のままではなく装飾を加える等の変化をつけて表情豊かに演奏すること
和製英語として、日本でのみ使われているジャズ用語

 

真似することも大事な練習

いきなり「自由に吹いてみて!」なんて言われても、何をどうしたら良いのか分かりませんよね。
ハウツー記事を書いている身として、不親切に思われるかもしれませんが、まず、素敵なジャズジャイアンツ(英語ネイティブの有名なジャズプレイヤーや、ジャズバンド)のテーマ演奏を見つけて、たくさん聴いてみたり、そっくりそのまま真似してみるということをおすすめしたいです。

ジャズは即興演奏と密接な関係であり、イヤートレーニングがとても大事なジャンルでもあります。
複雑なソロをコピーするのは大変でも、テーマだけなら真似することができるかもしれません。

そして、たくさん聴いて研究する(経験を積む)ことにより、何より大事なジャズのルーツに則ったフレージングを覚えることができ、イヤートレーニングにもなります。




[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>