画像

片山士駿のNYジャズ便り 第8回 〜Memories

THE FLUTE ONLINE連載

東京は新年始まって早々の緊急事態宣言の再発令、そして延長戦へ突入。発令直前の1月4日に自己のリーダーライブで演奏初めをして以降、お客さまの前で演奏する機会は軒並みキャンセルと相なった。思い返せば、昨年の年始はウエスト・ハーレムの自室でせめて日本式の年越しをと思い、緑のたぬきをズルズルとすすりながら年を越していたのに(※連載第2回参照)、今年は天ぷらまで乗せたゴーセイな年越し蕎麦を拵えて準備万端で年越しを迎えたにも関わらず、自粛自粛の声の中、なんだか心の寂しい心持ちで鳴らない除夜の鐘の数を勘定したのであった。
そしてあっという間にもう如月、近所の公園には梅の花が芽吹いている。

ライブの様子1/4のライブの様子。次回は2/27(土) 14時から柏Nardisにて行ないます
 

すっかり緊急事態宣言に出鼻を挫かれてしまい、今回の連載に書こうと思っていたイベントも流れてしまった僕は、さてどうするものかと悩んでいたのであるが、幸いにも無観客ながら配信という形で実施することのできたライブがあるので、今回はそれについて綴ることとする。

著者近影私事ですが、今回の更新までの間に26歳になりました。お祝いにシングルモルトをいただき、上機嫌な著者近影です
 

次のページへ続く

 

片山士駿

片山士駿  (かたやま しゅん)
1995年 千葉県市川市出身。国立音楽大学ジャズ専修 首席卒業。矢田部賞受賞。Manhattan School of Music修士課程修了。第46回山野ビッグバンドジャズコンテストにて、最優秀ソリスト賞を受賞。第20回、第21回 太田市ジャズフェスティバルに於いてソリスト賞を受賞。National Flute Association主催 44th Annual Convention, Jazz Artist Competitionに於いて、同部門では邦人初のWinner Playerに選出。ジャズを音楽的背景に持ち、自己のプロジェクトを行なう他、様々なアーティストのレコーディングやライブのサポートへ参加している。YAMAHA Z アーティスト。
これまでに池田篤、大澤明子、斎藤和志、Donny McCaslinの諸氏に師事。
主な共演歴: 小曽根真、佐山雅弘、山下洋輔、井上 智、井上陽介(敬称略)等

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。
定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

カバーストーリー
フルートコンサートガイド

画像
画像