サックス記事

モンクコンペ優勝の新星!メリッサ・アルダナNY取材

THE SAX 67号 Cover Story

メリッサ・アルダナ

1988年生まれ、チリの首都サンティアゴ出身のメリッサ・アルダナは、父に同国を代表するジャズ・サックス奏者であるマルコス・アルダナ、祖父に同国ジャズ界の祖と呼ばれるエンリケ・アルダナを持つ、生粋のサラブレッドだ。6歳から父の手ほどきでサックスをはじめ、13歳のときにはジャズクラブでの演奏をスタートさせたという早熟の天才であり、渡米してバークリー音楽大学に入学した後も、その才能は高く評価されてきた。 2009年に同校を卒業すると重鎮ジョージ・コールマンの誘いでニューヨークへ拠点を移し、彼の指導のもとジャズシーンで頭角を現しはじめる。そして、2013年に先述の「セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティション」で優勝という栄誉に輝き、3rd作「メリッサ・アルダナ&クラッシュ・トリオ」でついにメジャー・ デビューも果たした。 そんな彼女と懇意の中である本誌連載「Diggin’ in New York」でもお馴染みのYUKI TEI氏が、初々しい彼女の素顔を直撃。飾らないナチュラルな言葉で、音楽一家である家族のことや、件のモンク・コンペティションのエピソードなどを打ち明けてくれた。サックス界の輝ける新星の貴重な初インタビューは必見!

 

【関連キーワード・アーティスト】







メニューリスト