サックス記事

渡辺貞夫〜ライブCD登場!

THE SAX 70号 Cover Story

日本のジャズ界を60年以上に亘って牽引し続ける渡辺貞夫が、17年ぶりに自らのビッグバンドを再編し、昨年12月14日にオーチャードホールで行なったコンサートは大きな話題となった。海外から大物リズム・セクションも招いたそのパフォーマンスはビッグバンド・ファンの度肝を抜く最高の仕上がり。そして、その模様がライブCDとして、4月1日に発売となる。THE SAX 70号では、完成の手応えを巨匠自らに語っていただいた。ここでは、その一部を紹介しよう。

 

全曲オリジナル・ナンバーのビッグバンド・アルバム

――
ニュー・アルバム「I’M WITH YOU」は、昨年末に行なわれた、ビッグバンドとのコンサートのライブ・アルバムですが、このコンサートをすることになった経緯を聞かせてください。
渡辺
1990年代の後半に、僕のビッグバンドをやっていたんですけど、そのメンバーとは、その後も時々、仕事で会ったり、楽器店で会ったりする機会がありました。するとみんな、また一緒にぜひビッグバンドをやりたいって言ってくれるんです。それに2、3年前から、国立音楽大学のニュータイド・ジャズ・オーケストラとお付き合いしたりもしていて、僕自身も、ビッグバンド・サウンドをもう一回という気持ちが強くなってきていました。それで今回やろうということになって、17年前に付き合ってもらったホーンのメンバーたちがほとんど参加してくれました。当時は僕のアレンジだけじゃなくて、サド=メル・オーケストラやカウント・ベイシー・オーケストラのアレンジ楽譜や、バークリー時代の同級生だったマイク・ギブスのアレンジ譜面などを、200〜300曲くらい持っていたので、それらも使っていました。バークリーから日本に帰国して、毎週リハーサル・バンドをやっていたこともあったので。でも今回は、ライブ・アルバムを録ることが決まっていたし、自分の名前でアルバムを出すのだから、全部オリジナル曲にしたいということで、ニュータイドとやった時に、ボブ・ミンツァーにアレンジをお願いした曲と、17年前に村田陽一くんにアレンジしてもらった曲、さらに今回はラッセル・フェランテと村田くんにも新たに2、3曲ずつアレンジをお願いしました。

渡辺貞夫
――
今回リズム・セクションが、ラッセル・フェランテ(Pf)、エドウィン・リヴィングストン(Bass)、ピーター・アースキン(Ds)というメンバーになっていますけど、彼らを起用したいきさつは?
渡辺
やはりビッグバンドは、リズムがしっかりしていないと面白くないし、ピーターはビッグバンドのドラマーとしては抜群なので、まず彼にお願いして、ベースのエドウィンはピーターが推薦してくれました。結果的に、ホーンのメンバーはみんな、ピーターのドラミングに感動していました。リズムがすごく決まるので、とても楽しかったみたいだし、僕も嬉しかったですね。そしてラッセルには『Early Spring』と『What I Should』(アルバム未収録)という曲をアレンジしてもらったので、ピアノも弾いてもらおうと。彼とは去年の6月にも一緒にアメリカ・ツアーをして、気心が知れていて、大好きなので。実は彼、ビッグバンドのアレンジは初めてだったそうなんです。以前も、彼にストリングスのアレンジをお願いした時に、経験がなくて、ヴィンス・メンドーサに教わりに行ったらしいんですけど、今回はボブ・ミンツァーにアドバイスしてもらったと言ってました(笑)。
――
17年ぶりにこのメンバーでコンサートをやってみた感想は、いかがでしたか?
渡辺
やはりみんなそれなりに歳をとって、音楽生活をやってきたわけですから、17年前の演奏と比べてみたら面白いと思いますよ(笑)。それと17年前は、僕がバンド・リーダーで、コンダクトもやっていたので、僕自身がサックスを吹くチャンスがほとんどなかったんです。バンドをまとめるので精一杯で。だから面白くないというか(笑)。そんなこともあって、ずいぶんご無沙汰しちゃったわけですけど、今回は僕のアルバムなので、全部の曲で自分をフィーチャーさせてもらっています。このバンドには、いいソリストもいっぱいいるんですけど、今回は我慢して付き合ってねって、みんなに納得してもらって。でもみんな喜んでやってくれました。あともうひとつ良かったのは、僕はせっかちだから、自分でカウントを出すと、ましてステージだと、気を付けていても速くなっちゃうことがあるんです。今回は、カウントをすべてピーターに任せた安心感があって、非常に助かりました(笑)。いいミュージシャンたちが集まっているから、曲の中で僕がいちいち指示をしなくてもいいので、サックスを吹くことに専念できました。
渡辺貞夫

渡辺貞夫

■CD Information
「I’M WITH YOU」
SADAO WATANABE Orchestra
【VICJ-61736】¥3,000(税別)
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

[曲目]
TOKYO DATING
HIP WALK
TREE TOPS、EPISODE
I’M WITH YOU
EARLY SPRING
EYE TOUCH
WARM DAYS AHEAD、AIRY
TEMBEA
NOT QUITE A SAMBA
MY DEAR LIFE
[演奏]
渡辺貞夫(As,Cond)
吉田治/近藤和彦(As)
小池修/今尾敏道(Ts)
山本拓夫(Bs)
村田陽一/片岡雄三/辻冬樹(Tb)
山城純子(BTb)
西村浩二/佐久間勲/奥村晶/松島啓之(Tp)
ラッセル・フェランテ(Pf)
エドウィン・リヴィングストン(Bass)
ピーター・アースキン(Ds)


Profile
渡辺貞夫(わたなべ さだお) 
1933年2月1日栃木県宇都宮市生まれ。51年に上京してプロとしての活動を始め、53年に秋吉敏子のグループに参加して注目を集める。61年に初リーダー作をリリース後、バークリー音楽院に留学。70年代からは海外でも活動し、その音楽性は高く評価された。70年代後半からは、フュージョン的なサウンドにもアプローチし、一般的な人気も得る。その後も日本最高のアルトサックス奏者として、現在も精力的に活動を続けている。

 

【関連アーティスト】







メニューリスト