画像

ザ・ナルマン・クラリネット・アンサンブルが伝授 やれば絶対にうまくなる基礎練習

Lesson6  タンギングその2
 

「ザ・ナルマン・クラリネット・アンサンブルが伝授 やれば絶対にうまくなる基礎練習」は亀居優斗、三界達義、吉本拓、和川聖也の4名から成るザ・ナルマン・クラリネット・アンサンブルが、クラリネット愛好家に伝えたい基礎練習講座です。ロングトーンやタンギングなど上達に欠かせないコンテンツをメンバーがそれぞれ解説していきます。隔週の金曜日に更新していきますのでお楽しみに♪

 
○The Narmen Clarinet Ensemble
 

2018年、東京芸術大学と東京音楽大学の在学中に亀居優斗、三界達義、吉本拓、和川聖也の4人で結成されたクラリネットアンサンブル。2018年3月に初のコンサートを開催し、好評を博す。2019年にはドルチェ楽器と十亀正司氏の共同企画であるNEWSvol.6に出演し東京、名古屋、大阪の3公演を行う。その他にも演奏会を重ね意欲的に活動中。前衛的なプログラムに挑戦している新進気鋭の若手クラリネット四重奏団である。2020年9月には、オペラシティリサイタルホールでのコンサートを開催する。

 

 

Lesson6 タンギングその2─最低限やっておきたい練習

こんにちは! 和川聖也です。今回は、「タンギング 最低限やっておきたい練習」についてお話ししたいと思います。

 

♪舌の動きを確認する練習

タンギングで重要な舌の動き、舌とリードがお互いどこに触れているかを確認しましょう。
まずは、以下の譜例のようにロングトーンをしながら一拍ずつ(記号)舌で区切ってみましょう。

音(息)を止めないで、舌がリードに触れる(区切る)ことを確認してください。
舌の動きは、横に動いていたり、無駄な動きがないよう、前後の動きのみするように注意してください。
舌とリードはお互い先端で触れ合うのがベストですが、人によって舌の長さが違うのはもちろん、やりやすいポイントが違うので、あまり考えすぎなくても大丈夫です。僕は、先端や先端に近い舌の腹あたりでタンギングをしています。

次に、音を止めてから舌を離す練習です。以下の譜例を吹いてみましょう。

休符で舌を使って音を止めて、その舌を離して音を鳴らしてください。また、休符の時には息を止めないようにしてください。息の圧力はかけたまま、舌で蓋をし舌を離す……先ほどと同じように無駄な動きがないように練習しましょう。
止めていたものを離すだけなのですが、変に発音をしようとすると「チ」や「ツ」など余計な音が混じってしまいます。なるべく鳴らないように注意してください。

 

♪発音の練習

次は、ロングトーンや音の途中の練習ではなく、発音・出だしの練習です。
発音の瞬間で大事なことは、息の圧力のかかり方、息の流れ、そして舌の触れるタイミングです。
まずは、以下の譜例をタンギングしないで吹いてみましょう。

息の圧力がうまくかからないと、音が鳴らなかったり、へなちょこな音になってしまうと思います。しっかりと音が鳴る圧力、流れを見つけてください。

次は、もう一度同じ譜例をタンギングして吹いてみましょう。
先程の息の圧力、流れを再現して、それと同時に舌でリードを触れて下さい。

舌の触れたタイミングが早いと、前にもありましたが「チ」や「ツ」などの音が混じってしまいます。圧力のかかる瞬間と舌の触れるタイミングを合わせるように注意してください。
また、発音の際に口の中が狭くなってしまい音がキツくなってしまうことがあります(厳密に言えば舌の腹あたりが上に上がりすぎてしまう)。
To(ト)に近いTu(トゥ)の発音を意識できると良いかと思います

 

♪まとめ

今回は、「タンギング 最低限やっておきたい練習」について紹介させていただきました。舌をリードに当てに行くのではなく、止めて離す仕組みを理解し、息とのバランスを考えられるとより良い音でタンギングができるかと思います。一緒に頑張りましょう!

 

 
 
 
今回の執筆者は……

和川聖也 Seiya Wakawa

千葉県立幕張総合高校を経て、東京音楽大学を卒業。2018年度東京音楽大学シンフォニックウインドアンサンブルにてコンサートマスターを務める。東京音楽大学主催卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。これまでにクラリネットを、中村めぐみ、伊藤圭、亀井良信、三界秀実の各氏に師事。P.ベロー氏のマスタークラスを受講。ビュッフェ・クランポン主催欧日音楽講座にて、M.アリニョン、F.エオーの各氏のレッスンを受ける。2017年度、2018年度 東京音楽大学給費奨学生。
現在、桐朋学園大学研究科2年次在学中。

 


次回の公開は1月22日(金)に、亀居優斗さんによる「タンギング その3─より自在なタンギングができるために」をお届けする予定です。お楽しみに!