画像

片山士駿のNYジャズ便り 第2回

THE FLLUTE ONLINE 連載

2019年大晦日のニューヨークは、若干天気が危ぶまれたものの、なんとか持ちこたえ新たな年を迎えたのだった(去年は雨でした)。 タイムズスクエアは日中から交通、入場規制がかかるほどの相変わらずの混雑具合でとても足を運ぶ気にはならず、僕はその様子を中継するライブカメラを見ながら、日本から持ってきてもらった緑のたぬきを年越し蕎麦に、それをズルズルと啜りながらその瞬間を見守っていたのだった。2020年になったその瞬間には中継の映像から「蛍の光」が流れたので、新しく年が始まったんだか、早速閉店しちゃうんだか、なんだかよくわからない気持ちになったものの、次の瞬間にはフランク・シナトラの『New York, New York』が景気良く聞こえてきたので、2回目の年越しながら、あぁニューヨークで年を越したのだなぁとミーハー的に思うのであった。

さて、今回はニューヨークの音楽シーンを支えるホールやジャズ・バーについてである。数多ある素敵なスポットの中からほんの一部を取り上げるに過ぎないが、皆さんがニューヨークへいらっしゃる際に少しでもお役立ていただけたら幸いである。

まずはニューヨークの最も歴史の古いジャズ・バー、The Village Vanguardについて。皆さんは、”ビレバン”をご存知だろうか。日本ではすっかり雑貨等も扱う書店としてお馴染みのようだが、本家Village Vanguardは半世紀以上に渡り、同じ地でニューヨークのジャズシーンを支えている歴史あるナイトクラブなのである。  

次のページへ続く

片山士駿

片山士駿  (かたやま しゅん)
1995年 千葉県市川市出身。国立音楽大学ジャズ専修 首席卒業。Manhattan School of Music 修士課程在籍。第46回山野ビッグバンドジャズコンテストにて、最優秀ソリスト賞を受賞。第20回、第21回 太田市ジャズフェスティバルに於いてソリスト賞を受賞。National Flute Association主催 44th Annual Vonvention, Jazz Artist Competitionに於いて、同部門では邦人初のWinner Playerに選出。矢田部賞受賞。
ジャズを音楽的背景に持ち、自己のプロジェクトを行う他、様々なアーティストのレコーディングやライブのサポートへ参加している。現在ニューヨーク在住。YAMAHA Z アーティスト。これまでに池田篤、大澤明子、斎藤和志、Donny McCaslinの諸氏に師事。これまでに池田篤、大澤明子、斎藤和志、Donny McCaslinの諸氏に師事。主な共演歴: 山下洋輔、佐山雅弘、井上 智、井上陽介、高橋 徹 等

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。
定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      
■関連キーワード・アーティスト:

片山士駿


カバーストーリー
フルートグッズ
フルートコンサートガイド
70年代洋楽

画像
画像

画像
画像