画像

石井希衣の教えて!コンテスタント 第12回|小山裕幾

THE FLUTE ONLINE 連載

「神戸国際フルートコンクール特集」

2021年3月に行なわれる神戸国際フルートコンクールに向けて、神戸国際フルートコンクール受賞者の皆さんにインタビューをしております。
第12回のゲストは、第6回神戸国際フルートコンクールにて日本人で初めて第1位を受賞をされた、小山裕幾さんです!
他にも数々のコンクールで優勝されていることは皆さんもご存じかと思いますが、石井は今回のインタビューで小山さんの強さの源を垣間見ることができました(笑)。
今回も出し惜しみしたい内容で溢れております。ぜひ最後までお楽しみくださいませ!

石井
フルートを始めたのはいつ頃ですか?
小山
元々母からピアノを習っていたのですが、母が忙しくなったので持ち運びできる楽器をということで6歳くらいからフルートを始めました。たまたま近所に堀井恵先生がいらして(新潟県長岡市)僕の祖母と先生のお母様がお友だちだったというご縁もあり、先生のところでフルートを習い始めました。
石井
中学生から吹き始める人が多い気がしますが、6歳からとは驚きです……! 小山さんはどんな小学生でしたか?
小山
同い年でフルートをやってる人があまりいないので、高校までは暫くフルートの知り合いもおらず、あまり面白くなかったですね(笑)。サッカーもやっていたので、フルートの練習のためにサッカーの練習を減らさないといけないのが嫌でしたが、今思えば良かったなと思います。
石井
小山さんは小学生の頃からたくさんのコンクールを受けていらっしゃるようですが、中でも印象に残っているコンクールはありますか?
小山
高校1年生のときの全日本学生音楽コンクールですね。モーツァルトの『フルート協奏曲』を本選で演奏したのですが、高校生にモーツァルトは難しいなと思いました。あとはやはり神戸国際フルートコンクールは辛かった思い出があります。
石井
モーツァルトはいつまでたっても難しいですよね(笑)。神戸国際フルートコンクールは具体的にどのようなしんどさがありましたか?
小山
精神を削った感じがしましたね。現代曲以外は暗譜で演奏したのでそのリスクもありましたし、特に第1次予選は一番緊張しました。幸いなことに舞台練習があったので自分を持ち直せましたが、それでもやはり緊張しました。日本で行なわれるコンクールとはいえ、舞台の緊張感は国内のコンクールとは違う感じがしました。
石井
なるほど。神戸で世界の空気を味わえるというのは(聴くほうは)格別ですね! 受けるほうは……その空気感を想像するだけで胃が痛いです……(笑)。
小山
あと覚えているコンクールは、神戸の後に受けた北京のオーレル・ニコレのコンクールですね。1回目に受けたときは6位、次に受けたときは3位で、そこからはあまりコンクールをバシバシ獲るということはなくなったように思います。今思えば、神戸までは自分一人で戦っていて一匹狼みたいな感じでしたが、神戸以降は友達ができ始めてちょっと楽しくなってきてしまって(笑)、友達が一緒にいると弱くなってしまうというか……(笑)。楽しいってことはコンクールにとってはあまり良くないってことなのかもしれません。

次のページへ続く
・インタビュー
・Q&A 小山さんに聞いてみた!

Profile
小山裕幾
小山裕幾
Yuki Koyama
新潟県長岡市出身。3歳よりピアノ、6歳よりフルートを始める。
1999年、第53回全日本学生音楽コンクール中学校の部第1位。2002年、第56回全日本学生音楽コンクール高校の部第1位。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位、オーディエンス賞受賞。2005年、第6回神戸国際フルートコンクールに日本人として初めて第1位を受賞する。
これまでに三上明子、ヴォルフガング・シュルツ、パウル・マイゼン、堀井惠、ハンス=ゲオルグ・シュマイザー、故オーレル・ニコレの各氏に師事。2006年度、第17回出光音楽賞受賞。2007年、新潟県知事賞受賞。2010年、慶應義塾大学理工学部を卒業後渡欧、スイスのバーゼル音楽院にてフェリックス・レングリ氏に師事。現在、フィンランド放送交響楽団首席奏者。2017年より1年間ソウル大学の教授代理を務めた。2016年よりシベリウス・アカデミーの講師として後進の指導にあたっている。
石井希衣
石井希衣
Kie Ishii
福岡県出身。第88回日本音楽コンクール 第2位。第19回日本フルートコンヴェンションコンクール ソロ部門 第1位、吉田雅夫賞受賞。つくばフルートコンクール2018 一般部門第1位、中野雄&若林暢賞、戸部謹爾賞を併せて受賞。第62回北九州芸術祭クラシックコンクール全部門グランプリ、県知事賞を受賞。フランスで行われたユーロ・ジャパン・ミュージックフェスティバルにて招待演奏を行う。第25回日本木管コンクールフルート部門入選。
これまでにフルートを内野里美、宗美沙子、野口龍、高木綾子の各氏に、フラウト・トラヴェルソを菊池香苗氏に師事。
ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、横浜シンフォニエッタと共演。オーケストラでの客演も多数。
桐朋学園芸術短期大学専攻科フルート専攻を第一位で修了。桐朋オーケストラアカデミー研修過程修了。東京藝術大学別科にて研鑽を積む。
2021年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。

次回更新もお楽しみに!

ご意見はザ・フルートの公式SNSのダイレクトメッセージ、またはアルソ出版のお問い合わせアドレスまでお送りくださいませ。
facebook Twitter mail

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

カバーストーリー
フルートコンサートガイド

画像
画像