画像
THE FLUTE vol.173

フィンダのピッコロトリセツ講座 第3回

皆さんは、ピッコロのお手入れや取り扱い、もちろん奏法もですが「本当はどうするのがベストなんだろう??」と迷ったり悩んだりすることはありませんか?
このコーナーでは、皆さんにピッコロに関する正しい知識をレクチャーしていきたいと思います。
皆さんが疑問に思っていたことが解決したり、目からウロコが落ちるかもしれない知識を得たり……きっと役に立つことと思います。

まずはここから...ウォーミングアップ

ウォーミングアップとして何をするのがよいか......まずはロングトーンです。おすすめは、中音の「ド」から始めて、「ド」を基準に半音ずつ上がってその都度「ド」に戻る、下がってまたその都度「ド」に戻る......という練習です。ド→シ→ド、ド→シ→ド、ド→ラ→ド、ド→ラ→ド......という具合ですね。吹いているうちにレガートでなくなってきたり、良い音で吹けていないと思ったら、そのまま先へ進まずに戻りましょう。大切なのは、とにかくゆっくりやることです。そして、1つの音であるかのようなレガートで吹けると、とても良いウォーミングアップになります。身体を意識する練習にもなります。なぜなら、意識せずにそこまでのレガートで吹くことはできませんから。

イメージ的には、象が木か何かを鼻で押しているような感じです。ぐーっと前に進むような...... “まっすぐな音”というのは、そういう感じがないといけません。音が変わっても、その押している感じはずっと同じです。

これは、ヴァイオリンの右手と同じです。良い奏法で弾いている人は、ずーっと音がつながっていきます。ヴァイオリニストが弓で音をつないでいくのを、私たちは呼吸でやらないといけません。このイメージをもって吹くことができれば、とても音が安定しますよ。そして、単に音をつなげるのではなく、ちゃんとしたレガートで吹けるようにもなります。


連動動画は近日公開予定

 

▶︎ 次のページに続く 
・ピッコロ初心者におすすめする練習法
・読者より質問《アンブシュアについて》


■フィンダさんへの質問大募集!
質問はこちらから!(会員ログインまたは無料登録が必要です。)
ピッコロについて聞いてみたい質問を、お寄せください。奏法、取り扱い、お手入れ……どんなジャンルについての質問でもOKです。

メールでの質問はお問い合わせフォーム(https://www.alsoj.net/contact.html)より、「お問合せ・ご要望内容」欄に「ピッコロ★トリセツ講座質問」と明記、質問内容・ご氏名(ペンネーム可)・ご連絡先をご記入の上送信ください。

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>      

フルート奏者カバーストーリー
フルートコンサートガイド


画像
画像