• FLUTE
  • カテゴリーで探す
    雑誌│THE FLUTE

    ザ・フルート vol.189


    発売日:2022-08-10
    発売元:アルソ出版株式会社
    品番/型番:F189
    ISBN/JAN:4910871851020
    販売ストア: アルソオンライン
    楽器種別:FLUTE
    ジャンル:POPS,CLASSIC,BOSSA,OTHER
    サイズ:A4判
    目的/用途:上手になろう
    編成:
    演奏レベル:
    演奏/監修:
    Detail|主な仕様

     

    THE FLUTE CLUB (定期購読) 詳細・申込みはこちらから 

    FLUTE CLUB1年会員申込みFLUTE CLUB2年会員申込み

    THE FLUTE CLUB (定額オンラインプラン)
    雑誌とオンラインで楽しむプラン(月額¥680/年額¥8,000〜)です。>>記事を読む!

    ▼詳細・申込みはこちらから▼

    THE FLUTE 定額オンライン申込み

     

    About it|商品解説

    3年ぶりの来日となったデニス・ブリアコフ氏が、久々に表紙、巻頭インタビューに登場! リサイタルツアーができた喜びと、5月に逝去した恩師 ウィリアム・ベネット氏のこと、そして出身地であるウクライナ侵攻のことなどを訊きました。
    その他、こちらも久々の来日となったパトリック・ガロワ氏、デビュー40周年を迎えた紫園 香氏、東京で16年ぶりとなるリサイタルを秋に開催する瀬尾和紀氏と豪華なインタビューとなっています。
    今号より将来を嘱望される若きフルーティストを紹介する「未来に輝け! FRESH ARTIST」を不定期でお届けします。第1回は、びわ湖国際フルートコンクールジュニア部門で優勝した岡本梨奈さんが登場してくれました。
    特集はクラシックのアレンジ作品への取り組み方をピックアップしました。記事を参考に豊かな演奏を目指してください。
    また新連載「初心者から! ボサノヴァにチャレンジ」がスタートしました。紺野紀子氏によるわかりやすい記事を参考に、ボサノヴァの扉を開けてください。

    定価: 1,100円 (税込)

    配送状況:予約受付中

    購入数:

    Cover Story

    「パンデミックを超えて新たな日常、そしてウクライナ侵攻」
    デニス・ブリアコフ

    3年ぶりの来日でツアーを行なったデニス・ブリアコフ氏。恩師ウィリアム・ベネット氏の逝去、出身地であるウクライナの侵攻とブリアコフ氏にとって心痛む日々が続くが、コンサートでは圧巻のパフォーマンスを聴かせてくれた。

     

    特集

    クラシックのアレンジ作品、どう吹く?
    —フレージングの作り方—

    ◆大きなフレージングで吹くために—効果的なブレスの練習法—│町井亜衣

    ◆歌劇「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』でフレージングづくり│阿部麻耶

    ◆アレンジャー視点から見たアレンジ作品│中田裕文

     

    特別企画

    —追悼・植村泰一先生—

    大きな功績を残した音楽家

    ◆中野真理|岩佐和弘|吉野裕子|白川真理

    ◆演奏を支えた1本のフルート

    5月に逝去された植村泰一氏。NHK交響楽団首席奏者、東京音楽大学の学長も務め、日本のフルート界、音楽界をリードし続けたレジェンドだ。弟子たちの追悼の言葉とともに、THE FLUTE18号(1995年発刊)に掲載した「演奏を支えた1本のフルート」の記事を再構成してお届けする。

     

    輝け未来! FRESH ARTIST

    岡本梨奈

    将来を嘱望される若きフルーティストを紹介していく「未来に輝け! FRESH ARTIST」。今回登場する岡本梨奈さんは第25回びわ湖国際フルートコンクールのジュニア部門で第1位入賞を果たした高校1年生。また才能あるアーティストを育てたお母さまにも、どんな環境で音楽への道をサポートしてきたのかを直撃!

     

    Close-up

    パトリック・ガロワ
    フルートを辞めようと逡巡し、音楽が私をすくい上げてくれた
    久々に本誌登場となったパトリック・ガロワ氏。新型コロナウイルスのパンデミックの間、パニックになり、そしてフルートを辞めようと何度も悩んだという。2年前から巡礼を始め、その距離はすでに2000kmを超えたと語ってくれたガロワ氏。精神性を大切にする氏のインタビューは意義深いものとなった。

     

    紫園 香
    デビュー40周年記念リサイタルを開催—すべての方に感謝を込めて
    今年デビュー40周年を迎えた紫園香さん。これまでに世界各地の様々な場所で演奏活動を行ない、教育活動にも力を注いできた。長年第一線で活躍できたのは、応援してくれた仲間や家族の理解があったからこそと語る。10月に40周年記念リサイタルを開催する紫園さんにこれまでの歩みを訊いた。

     

    瀬尾和紀
    16年ぶりに東京、そして地元北九州でのリサイタルをL.ヴァグシャルと開催
    フルーティスト、ピアニスト、そしてレコーディング・プロデューサーといくつもの活動を並行している瀬尾和紀氏が、北九州と東京で久々のリサイタルを開催する。共演のL.ヴァグシャル氏とのアンサンブルも楽しみなコンサートとなるだろう。

     

    TOPICS

    ◆フルート アンサンブル リリオ Autumn Concert
    ◆第11回サンハートアンサンブルコンクール
    ◆Rai-on木管五重奏コンサート
    ◆楽譜『想い出は銀の笛』木管フレックス3重奏版
    ◆矢木正明 フルートリサイタル(By Bass Flute Night vol.24)
    ◆フルートアンサンブル エルフ
    ◆フルートデュオ“Tea”風にのって
    ◆岩下智子フルートリサイタル
    ◆木管六重奏 Halocline 2022 梅雨時ライブ
    ◆第1回 フェルディナンドW.ニース ヴィースバーデン 国際フルートコンクール

     

    新連載

    初心者から!ボサノヴァにチャレンジ|紺野紀子
    第1回|誰でもできる? ボサノヴァ~そもそもボサノヴァって何?~
    ご夫婦でユニットを組み、KONNODUOとして世界で活躍する紺野紀子氏による連載。ボサノヴァの扉を開いてみましょう。

     

    連載

    青島広志&中山広樹 始めたばかりのあなたと…&デュオ演奏のコツ
    第4回『赤いサラファン』
    人気作曲家とフルーティストのコラボ企画。先生と初心者でも吹ける青島氏が新曲DUOを書き下ろし。解説は中山広樹氏が担当します。

     

    全然特別じゃない! 特殊管&特殊奏法 マグナムトリオが伝授
    第4回|マグナムトリオの代名詞“特殊奏法”
    人気フルートアンサンブル マグナムトリオが誰でもできる特殊管や特殊奏法を楽しい文章で伝授。

     

    KEIGO と学ぶ、フルート上達のヒケツ|森圭吾
    第4回|絶対に避けては通れないトリル
    KEIGO先生の人気連載が復活! 今回はズバリ「上達のヒケツ」。上達のポイントが満載です!

     

    テオバルト・ベームの子孫からの伝言|第29回 岩下智子
    テオバルト・ベームを高祖父に持つルードヴィヒ・ベーム氏による、ベーム式フルートの系譜やレポートなどをお届けします。

     

    キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~|第30回 古川仁美
    フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる! 「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です。

     

    笛吹き漫遊紀行 |西川浩平
    「留学生 いまむかし」

     

    << 第113回 >>
    さかはし矢波のつれづれ放送局 |さかはし矢波

     

    ※今号は都合によりフルーティスト・リレー・エッセイ、深堀り音楽は都合により休載いたします。

     

    Score

     『子守歌』J.ブラームス作曲/中田裕文編曲(4Fl)

     『惑う糸』日本テレビ「news zero」テーマソング 菅田将暉 歌(Fl&Pf)

     『燦燦』NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主題歌 三浦大知 歌(Fl&Pf)

     

     





      商品とあわせて読みたい記事
    こんな商品もおすすめ