• FLUTE
  • カテゴリーで探す
    雑誌│THE FLUTE

    ザ・フルート vol.161


    発売日:2017-12-10
    発売元:アルソ出版
    品番/型番:F161
    ISBN/JAN:4910871850283
    販売ストア: アルソオンライン
    楽器種別:FLUTE
    ジャンル:POPS,CLASSIC,JAZZ,HEALING
    サイズ:A4判
    目的/用途:上手になろう
    編成:
    演奏レベル:
    演奏/監修:
    Detail|主な仕様

    THE FLUTE CLUB (定期購読) 詳細・申込みはこちらから 

    FLUTE CLUB1年会員申込みFLUTE CLUB2年会員申込みFLUTE CLUB1年CD付き曲集会員申込みFLUTE CLUB2年CD付き曲集会員申込み

    About it|商品解説

    表紙には、佐久間由美子さん・中川佳子さんが登場!このお二人、中川さんが藝大生時代からの師弟コンビなのです。四半世紀後の今も、東京と京都という離れた地にいながらも師弟の絆をあたため続けているお二人。10年ぶりに共演コンサートが実現したタイミングで、独特の雰囲気があった藝大時代の話から、最近の学生を教えていて思うことなどを聞きました。
    特集は、「ドビュッシー、ラヴェル… フランス音楽に出会う」。フランス音楽の中でも、日本人と相性がよく、フルーティストにも好まれるドビュッシーやラヴェルの音楽。私たちが彼らの音楽に惹かれるのはなぜでしょうか? そんな背景の謎(?)に迫りながら、フルートの魅力が詰まったあの曲――『シランクス』『牧神の午後への前奏曲』『ダフニスとクロエ』をプロ奏者たちの視点から語ってもらいます。掲載曲ドビュッシーの『夢』と『フォーレの小品』は、ワンポイント演奏アドバイスを読みながら演奏してみてください。
    また、今回から「動画でレッスン 名曲をもっと素敵に」のコーナーでは人気曲『彼方の光』を取り上げます。全3回の動画連動誌上レッスンで、味わい深い演奏ができるように練習してみてください。
    ほか、今号に掲載の楽譜は『明日はどこから』(NHK連続テレビ小説「わろてんか」主題歌)、今年話題になった安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』、ラヴェルの美しいメロディをカルテットで演奏できる『亡き王女のためのパヴァーヌ』の3曲です。人前で演奏する機会が増えそうなこの時期、より充実した楽譜ラインナップをぜひお役立てください!

    オススメ!

    定価: 1,018円 (税込)

    配送状況:通常2 ~ 3日以内に発送

    購入数:

     

       カバーストーリー  

    佐久間由美子&中川佳子
    「スタートラインで共通している、同じ言語を持つ者どうし」

    10年ぶりとなるコンサートで共演を果たしたお二人。藝高卒業後にフランスに渡り、帰国後に藝大で教え始めた頃に抱えていた知られざる思いを佐久間さんが語り、そんな“なりたて”の先生に師事した頃の思い出を中川さんが振り返る。「社会に出たら同等の関係」「演奏家としての尊敬」——第一線で活躍する二人の女性奏者たちの胸中は、読者にはどんなふうに伝わるだろうか。

     

      特集  

    ドビュッシー、ラヴェル…
    フランス音楽に出会う

    ♦日本人が魅せられる、彼らの音楽│右近大次郎/佐野仁美
    ♦Column  フランス音楽の作曲家たち
    ♦フランス音楽の中のフルート
     『シリンクス』若林かをり
     『牧神の午後への前奏曲』北川森央
     『ダフニスとクロエ』甲藤さち
     『ボレロ』THE FLUTE編集部

     

      特別連載  

    テオバルト・ベームの子孫からの伝言
    ⟨第1回 ベームの生い立ち⟩岩下智子

     

      Close-up  

    マーク・グローウェルズ
    心を鷲掴みにしたピアソラの音楽、人生を左右する幸運…

    彼に縁の深い『タンゴの歴史』のレッスンを受けてみたい――そんな思いでやってくる受講生が、今なお引きも切らない。フルーティスト憧れのマスターピースともなっているそんな『タンゴの歴史』、そして最近あった楽器に関する発見などについて、旧知のフルーティスト・榊原敬幸さんが話を聞いた。

     

    ヤン・マハト
    イメージしながら演奏を……豊かな情景が浮かぶ、チェコの音楽

    チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のピッコロ奏者であるヤン・マハトさんが、このほど楽団の日本公演で来日。これまで何度も来日を果たしているもののTHE FLUTEに初登場となるマハトさんに、ピッコロ奏者としての活動や、チェコの音楽についてなど、話を伺った。

     

    ミエ・ウルクズノフ
    耳を開いてよく聴いて、そこから発したフレーズが自分の言語

    フルート奏者のほか、多楽器奏者、即興家、作曲家……と多彩な顔を持つ、ミエ・ウルクズノフ(小倉美英/Mie OUOU)さん。現在パリを拠点に、パリ市立19区ジャック・イベール音楽院フルート科のほか、即興・創造のアトリエでもで教鞭をとる。この10月に、20周年を迎えた「アンサンブル・ノマド」の記念公演にゲスト出演のため帰国した彼女に、パリ留学時に師事したフルーティスト・川上葉月さんがインタビューを行なった。

     

     連載 

    日常のことばで考える
    フルートが10倍楽しくなるトリセツ 中西文子
    フルートの練習法を日常生活のキーワードに置き換え、わかりやす~く導くメソッド(の、ようなもの)です♪
    今回のテーマは「からだの使い方」について

     

    キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~ 古川仁美
    フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる!「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です♪

     

    ビギナーだってJAZZは吹ける! 松村拓海
    〜THE FLUTE ONLINEレッスン動画連動企画〜
    むしろ“ビギナーだからJAZZが吹ける!”——そう語るジャズフルート奏者・松村拓海による、超初心者向けJAZZレッスン。誌面と動画で一緒に吹けるようになりましょう!

     

    全国のフルートアンサンブル紹介
    アンサンブルにおじゃまします!
    全国のフルートアンサンブルが、毎号登場します! フルートアンサンブルに所属する皆さんからのご応募も、お待ちしています!

     

     短期連載 

    動画でレッスン
    名曲をもっと素敵に Series02 『彼方の光』PART1
    講師:中井あかね(島村楽器イオンモール船橋店 フルートインストラクター)

     

     第49回 
    リレーエッセイ|橋本岳人
    オケマンの宿命
    “今日からできる、おすすめキソレン” リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!

     

     最終回 

    音のまにまに| 木村奈保子
    映画評論家、バッグデザイナーの木村奈保子さん。今回が誌面上では最後の連載、今後はフルートオンラインに場所を移してリニューアルします! そんな最終回のテーマは「音で語れるものとは何か?」。

     

    笛吹き漫遊紀行| 西川浩平
    カンボジアの音楽祭で見た微笑は?

     

     第85回 
    さかはし矢波のつれづれ放送局| さかはし矢波

    泡の効果、やっぱり……、笑顔に会える日

     

     Score 

    『明日はどこから』(Fl+Pf)
    松たか子 歌(NHK連続テレビ小説「わろてんか」テーマ曲)

    『CAN YOU CELEBRATE?』(2Fl)
    安室奈美恵 歌

    特集連動  フランス音楽を吹いてみよう!
    『亡き王女のためのパヴァーヌ』(4Fl)
    ラヴェル作曲

     

     





    こんな商品もおすすめ