• FLUTE
  • カテゴリーで探す
    雑誌│THE FLUTE

    ザ・フルート vol.168


    発売日:2019-02-10
    発売元:
    品番/型番:F168
    ISBN/JAN:491087185049800926
    販売ストア: アルソオンライン
    楽器種別:FLUTE
    ジャンル:POPS,CLASSIC,JAZZ,HEALING,OTHER
    サイズ:A4判
    目的/用途:上手になろう
    編成:
    演奏レベル:
    演奏/監修:
    Detail|主な仕様

    THE FLUTE CLUB (定期購読) 詳細・申込みはこちらから 

    FLUTE CLUB1年会員申込みFLUTE CLUB2年会員申込みFLUTE CLUB1年CD付き曲集会員申込みFLUTE CLUB2年CD付き曲集会員申込み

    About it|商品解説

    表紙に登場するのは、カール=ハインツ・シュッツさん。ウィーン・フィルの首席奏者としてはもちろん、ソロ奏者としても絶大な人気を誇ります。今回は「ウィーン・リング・アンサンブル」ニューイヤーコンサートでの来日で、室内楽の魅力についても語ってくれました。

    特集は、「笛がいざなう アイリッシュ、ケルト音楽」です。今回はPart1として、アイリッシュ、ケルト音楽の歴史や伝統について、また近年盛り上がりを見せる日本でのムーブメントについて、アイリッシュ・フルートやティン・ホイッスルといった奏者の方々にナビゲートしていただきます。次回Part2は、オンラインでの動画レッスンも交えながら「吹いてみたい人」に向けた内容をお送りしますので、お楽しみに!

    特別企画は、没後260周年となるヘンデルを取り上げました。カルテットバージョンの『ハレルヤ・コーラス』楽譜とともに、多彩に生きたヘンデルのエピソードをお楽しみください。

    そのほか楽譜は、連続特別企画連動のABBAMoney, Money, Money』、平成最後にお送りする卒業ソングメドレーなど、楽しんで演奏するのにも披露するのにも活用できるラインナップ。一人で、仲間どうしで……など、さまざまな編成でお楽しみください。

    オススメ!

    定価: 1,000円 (税込)

    配送状況:通常2 ~ 3日以内に発送

    購入数:



     Cover Story 

    「伝統だけでなく、新しい風を入れて生き生きと――」  
    カール=ハインツ・シュッツ

    ウィーンでのニューイヤー・コンサート終了後、ウィーン・フィルのメンバーが日本に駆けつけて開かれる恒例のコンサート――それが「ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサート」だ。元ウィーン・フィルコンサートマスターのライナー・キュッヒル氏を筆頭に、弦楽器とフルート、クラリネット2本、ホルンという9人編成で行なわれる。 そのメンバーであるシュッツさんを、公演での来日中に訪ねた。ウィーン・フィルメンバーとして、またフルート奏者としても円熟味を増す世代となった今の姿と声を、お伝えする。

     

     

     特集 

    笛がいざなう

    アイリッシュ、ケルト音楽
    歴史と文化と音楽と(畑山智明)   

    【レッスン動画予告編】hataoの「ケルトの笛」吹き方講座

    ケルト、アイリッシュの音楽シーン(豊田耕三)

    アイリッシュ・フルート奏者が選ぶ おすすめ名盤(矢島絵里子)

     

     

     特別企画 

    フルートで味わう70年代洋楽 青春のメロディ連動

    ABBA 黄金の時代 ―後編

    没後260周年 ヘンデル ~ハレルヤ・コーラス もうひとつの歓喜の歌

     

     

     Close-up 

    ヴォルフガング・リッター

    オーケストラ人生に思う、“音楽の魂”
    NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧北ドイツ放送交響楽団)が、昨年来日公演を行なった。首席フルート奏者のヴォルフガング・リッターさんは、このオーケストラのメンバーとして40年のキャリアを持つ。同じく、オーケストラで長く活動してきた東京フィルハーモ二ー交響楽団の首席奏者・吉岡アカリさんが、リッターさんにインタビュー。ベテランオーケストラ奏者ならではの視点で聞く、ドイツのオーケストラとその音楽とは――?

     

    ビュレント・エヴシル

    民族のルーツ、文化の発祥地…壮大なシンフォニーを初演

    昨年11月に行なわれた、ファジル・サイ&新日本フィルハーモニー交響楽団の公演。トルコ出身のピアニストで作曲家であるファジル・サイさんの作品『交響曲第2番《メソポタミア》』の日本初演となった。文明の発祥地メソポタミアをテーマにした作品には、バスフルートやバスリコーダー、テルミンなど、オーケストラと共演するソロ楽器としては珍しい楽器が登場する。指揮者をはじめソリストたちも、トルコ出身の演奏家が起用された(テルミン演奏は日本人の滝井由美子さん)。 バスフルート奏者として来日したビュレント・エヴシルさんに、話を聞いた。

     

     

     特別連載 

    テオバルト・ベームの子孫からの伝言

    8回 ベームシステムの他楽器への転用⟩ 岩下智子

     

     

    【新連載!】

    ふたたび、「あふれる光と愛の泉」 齊藤佐智江

    没後20周年となったアラン・マリオン氏へのインタビューをふり返り、いま再び綴るフレンチフルートの軌跡。

     

    【連載】

    録ってもデュエッツ 齋藤寛

    スタジオジブリの曲をテーマに、セルフレコーディングしながら上手になる、ユニークなレッスン法を伝授します

    4回課題曲『晴れた日に』 ~「魔女の宅急便」より~

     

     

    キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~古川仁美


    フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる!「今さらこんなこと聞いていいの?」
    という質問こそ、大歓迎です

     

     

    動画でレッスン

    名曲をもっと素敵に  Series05  『花は咲く』PART1
    講師:片山沙弥子(島村楽器パサージオ西新井店 フルートインストラクター)

     

     

    << 56  >>
    リレーエッセイ| 髙木直喜


    たくさんの個性的なフルーティストを教え、育てていきたい
    今日からできる、おすすめキソレン” リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!

     

     

    笛吹き漫遊紀行| 西川浩平

    年の始めのボランティア

     

     

    << 92  >>
    さかはし矢波のつれづれ放送局| さかはし矢波

    ピアノでよかった、コピーとオリジナル、響けSDGs

     

     

     

     Score 

    フルートで味わう70年代洋楽 青春のメロディ連動

    Money,Money,MoneyFlソロ譜)ABBA

     

    ♪『「ブラジル風バッハ」より アリア』(Flソロ譜)ヴィラ=ロボス作曲

    ♪『ハレルヤ・コーラス』(4Flヘンデル作曲

    『平成卒業メドレー ―YELL、手紙~拝啓15の君へ~、遥か』(2Fl

     

     

     

     

     





    こんな商品もおすすめ